家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

“Camera 3.0”の時代が来る?!

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2012/10/12 10:00
印刷用ページ

 「やっぱり、寂しいですね」――。

「photokina 2012」に設けたKodak社のブース
 あるカメラ・メーカーの技術者が、ぼそりと胸の内を明かしてくれました。先月、ドイツで開催された展示会「photokina 2012」の会場でのこと。

 彼の視線の先にあったのは、米Eastman Kodak社のブースでした。何が寂しいのか。それは、Kodak社が同社のブースにカメラを1台も置かなかったことです。

 「切磋琢磨してずっとやってきたんですが、時代の流れですかね・・・」

 かつてKodak社は、カメラ用フィルムで市場をリードし続けた上に、デジタル・カメラをいち早く製品化。2006年には世界シェアで上位3社の一つとして確固たる地位を確立していました。

 ところが、業績の悪化から2012年1月に連邦破産法第1条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し、同年2月にはデジタル・カメラ関連事業からの撤退を明らかにしました。そして、デジタル・カメラとポケット・ビデオ・カメラ、デジタル・フォトフレームの製造部門を段階的に廃止することを決断したのです。

 そんな中で迎えた今回のphoptokina 2012。Kodak社ブースの主役は、業務用の大型プリンターや店頭での写真プリント機などでした。photokinaが終わってすぐの9月28日には、一般消費者向けのインクジェット・プリンターの販売を終了することも発表しており、“民生離れ”を加速させる姿勢をはっきり示しました。

世界進出を狙う米ベンチャー

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング