• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス台湾・中国 中根レポート > 「iPhone 5」向け部品、予期せぬ生産調整を回避する条件

台湾・中国 中根レポート

「iPhone 5」向け部品、予期せぬ生産調整を回避する条件

  • 中根 康夫=ドイツ証券
  • 2012/10/02 14:00
  • 1/2ページ

 米Apple社のスマートフォン「iPhone 5」 が2012年9 月21 日に発売となった。発売タイミングやハードウエアの内容はほぼ事前予想通りでサプライズはなし。以下、ディスプレイの観点から見解を述べる。IPS(in-plane switching)方式、タッチパネル内蔵の4 型LTPS(low temperature poly-silicon)パネルは高歩留まりでの生産が非常に難しく、各社は依然として格闘中だ。生産数量は当初の想定からはかなり下の水準で推移している。

発売日に店頭に並んだ「iPhone」は1000万台以下か

 当社推定の出荷数量は、7 月に150万、8 月に460万、9 月予想は720万である(関連記事)。第3四半期(3Q)全体では1330万となる。これは当初想定の3000万を大きく下回り、発売日の21日時点で店頭に並んだ製品は1000万以下と考えられる。このことから、当面は「品薄状態」が続く公算が大きい。パネルを供給しているのは、ジャパンディスプレイ(G4.5(第4.5世代ライン)/G5.5)、韓国LG Display社(G4.5)、シャープ(G6)であり、推定月間生産能力はそれぞれ800万、600万、800万。パネル出荷を開始したのは、ジャパンディスプレイが7月から、LG Displayが8 月からだが、シャープは9月下旬からようやく少量出荷を始めた程度と見られる。

 つまり、初ロットについてはジャパンディスプレイとLG Display の2 社からの供給である。順調に歩留まりが上昇すれば、生産能力の観点から4Q は5000万以上のパネル生産が可能となるが、実際はパネルで4000万、製品で3500万程度が合理的な上限と考える。つまり、2012 年通年でパネル5300万、製品4500万程度となる。

【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ