クルマ 自動車の最新技術を追う
 

JC08モード燃費で28.8km/Lを実現した「ワゴンR」の底力

林 達彦=日経Automotive Technology
2012/09/25 17:52
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 スズキが先日発売した「ワゴンR」(関連記事)の試乗会が開かれました。自然吸気の2輪駆動車「FX」でエアコンを付けずに数十km走行したところ、車両の燃費計が示す平均燃費は、何と28km/L。JC08モード燃費の28.8km/Lにかなり近い値です。

 実際、走っていないときにはアイドリングストップするので、走行時にしか燃料を消費しません。加速時には搭載したLiイオン2次電池から電力を供給し、オルタネータで発電せず、減速時だけに発電します。現在、俳優の渡辺謙さんが出演するCMで「発電」を強調していますが、エンジニアに言わせれば「通常走行では発電しない、そのため燃費が良い」ということになります。

 走行したコースは、千葉県のディズニーランド近くのホテルから、高速道路の湾岸線に平行する国道357号線を通って東京方面に行き、途中で左折して東京ゲートブリッジを渡って戻ってくるというルート。基本は平坦ですが、橋の上りではどうしてもアクセルを多く踏み込む必要があるため、平均燃費が悪化します。しかし、逆に下りではアクセルオフして回生エネルギを蓄えていくので、再び平均燃費はどんどん上がっていきます。

 少し気になったのは60km/hくらいで下り坂をアクセルオフして下りていくと、回生力が強いためにやや速度が落ち過ぎてしまうこと。再びアクセルを踏み直す必要があり、速度のコントロールが難しいのです。こうした印象は以前試乗した三菱ふそうトラック・バスの「キャンターハイブリッド」でも体験しています。燃費を上げるポイントは、回生エネルギを増やすことなのですが、緩い減速の時には回生させるか、惰性で走らせるかの切り分けが難しくなります。

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング