技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

オトコ更年期

佐々木次郎
2012/09/18 15:21
印刷用ページ

 「次郎さん、ちょっと相談があるんだ。時間はいいかい?」。
 朝から部長、少々、深刻な顔していますヨ。心配ですワナ。

 「実は、次郎さんも知っている、ほら、K社長のことなんだが、最近、元気がなくて。ついこの間も一緒に飲んだのだが、何か、生気が無いというか、やつれてしまったような感じがするんだよ。いやね、変な病気じゃあないかと、それが心配なのサ。俺たちの世代になると、色々と怖い病気があるじゃないか、そんなのにかかっていたんじゃ、俺にしたって何にもできやしねェ。どうしたらいいんだろう」。

 K社長というのは部長の友だちでしてね、高校、大学とずっと一緒の同級生。向こうは実家の会社を継いだというわけですヨ。社会人になってからも、しばらくは修行としてよその会社に勤めもしたようですが、最初から実家を継ぐのが条件。確か、3代目じゃあないですかねェ。今どきの時代、家業をちゃんと継いで行くのは大変なのに、よく頑張ったと思いますヨ。真面目なのはもちろんですが、ビジネス感覚も結構イイのですナ。

 「だろう? それなのに、なんで最近になって急に老け込んだというのか、元気がなくなっちまったのか、それが分からないから困っているのサ。『病気じゃあないか?』って、そんなこと怖くて聞けねえじゃないか」。

 そんな話を横で聞いていたお局、「ねえ、K社長のこと? アタシもついこの間、業界の会合でお会いしたわよ。確かに、元気はなかったけど、顔色とか、変に悪い感じじゃなかったから、病気ではないと思う。そうねえ、思い当たるのは、更年期じゃないかしら。そうよ、オトコの更年期。特に社長とか役員とか、企業経営に携わった人の更年期。言うならば、会社の経営に重要な責任を負っていた人が、その責任から解放されたときに、フッと陥る症状なのよ。よく、男気(オトコギ)があるって言うじゃない、そんな、オトコの更年期、多分、間違いないと思うわ。部長、変な心配をしないで、相談に乗るつもりで、またお会いしてみたら?」。

 いやあ、お局の眼力、相当なもんですヨ。K社長の元気がないのは、男気あふれるオトコの更年期障害なんだとか。それはそうかもしれません。お局は、色々な経営者を見ていますし、付き合い方も色々。そんな中で、オトコの更年期というのを発見したのかもしれません。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング