技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

Tech-On! Challengeとは

2012/09/18 12:20
印刷用ページ

 Tech-On! Challengeは、技術者を応援する情報サイト「Tech-On!」を、利用者の皆様により便利でより深く活用していただくために用意いたしました。記事閲覧のほか、マイページやコメント投稿などの機能を使っていただくとポイントが加算され、獲得ポイントに応じてさまざまな称号のバッジやトロフィーが獲得できたり、優待サービスに申し込めたり、賞品が当たったりします。ゲーム感覚で楽しみながら、Tech-On!をご活用ください。

>> 今すぐTech-On! Challengeに参加

Tech-On! Challengeの構成

Tech-On! Challengeの構成
[画像のクリックで拡大表示]

 Tech-On! Challengeは、米Gigya社(国内窓口はトーチライト)が提供するASPサービスを利用しています。参加者の皆さんがTech-On!会員としてログイン中にTech-On!サイトを利用しているとき、必要に応じで米Gigya社のASPサービスに自動的にログインして、ポイントを加算したりします。

 このため米Gigya社のASPサービスにもユーザー登録する必要があります。詳しくは参加手続きをしていただく際にご説明します。FacebookまたはTwitterのアカウントを使ってログインしていただきます。

 なお、日経BP社は米Gigya社がSNSサービス(FacebookやTwitter)から取得した個人情報を一切利用せず、保有いたしません。また、Tech-On!会員として日経BPパスポートに登録していただいた個人情報は、日経BP社の個人情報保護方針に則って管理し、米Gigya社に情報を提供することはありません(詳細は「個人情報/Cookieの取り扱いとアクセス履歴の利用について」参照)。

Tech-On! Challengeに参加

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング