技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
価格変動の仕組みで未来のモビリティを生み出す

価格変動の仕組みで未来のモビリティを生み出す

「考えるクルマ」が世界を変える、William J. Mitchell・Lawrence D. Burnsほか著、2,940円

2012/10/06 00:00
印刷用ページ
「考えるクルマ」が世界を変える、William J. Mitchell・Lawrence D. Burnsほか著、2,940円(税込)、352ページ、東洋経済新報社、2012年2月
「考えるクルマ」が世界を変える、William J. Mitchell・Lawrence D. Burnsほか著、2,940円(税込)、352ページ、東洋経済新報社、2012年2月
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授や、米GM社の元副社長らが未来のモビリティについて論じた。米国で2010年3月に刊行されたものの訳書だが、内容に古さはない。著者らが唱えるのが「USV(ultra small vehicle)」という概念。具体的には、GM社が2010年に発表した小さな電気自動車(EV)「EN-V」を開発した背景を基にUSVとは何かを示す。

 USVは、都市とエネルギの問題を解決するためにITや通信、電力の技術などを取り入れた小型EVである。この考え自体は最近よく聞くが、本書が興味深いのは、その実現のために市場のメカニズムを積極的に活用しようとする点にある。道路と駐車場の交通料金や電力料金、車両のレンタル料金に始まり、保険料や広告料などの価格を変動させることで、USVは最適な未来のモビリティになると論じる。

 ただ、本書で惜しいのが1点。米国の著書らしいと言えるが、鉄道などとUSVに関連した記述が少ない。モビリティの未来を考える上で、公共交通機関は大事な要素。その点をもっと考察してほしかった。

Amazonで購入
【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング