• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > グローバル知財経営のすゝめ

グローバル知財経営のすゝめ

植木正雄
スターパテントLLP 代表パートナー
1954年1月、新潟県上越市生まれ。1981年ミネベア株式会社入社。社長室翻訳業務を経て、1984年ミネベア系半導体デバイスメーカーである(株)エヌ・エム・ビー セミコンダクターの設立時から海外半導体デバイスメーカーとの事業提携や特許ライセンス契約の交渉、統括業務に従事する。1994年独立し、カシマ・コンサルティング・グループを設立。日本国内では当時いまだ広く知られていなかった特許ライセンス交渉代行業務を開始。同時に、カナダChipworks Inc.の日本・台湾地区代理店業務として、リバースエンジニアリング解析やそれに基づく特許侵害調査サービスの営業を展開。2000年2月、チップワークス株式会社代表取締役社長に就任。2011年8月同役職退任。同年9月、コスト効果的な特許活用・侵害調査サービスを提供するためにスターパテントLLPを設立し、現在に至る。日本ライセンス協会会員。

記事一覧

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓