エネルギー
 

オリンピック発電?!

久米 秀尚=日経エレクトロニクス
2012/08/01 10:00
印刷用ページ

 まずはこちらの写真をご覧ください。

 場所は英国のWest Ham駅。現在、熱戦が繰り広げられているロンドン・オリンピックで利用されている主要駅の一つで、開会式が行われたスタジアムや選手村、国際放送センターなどがある巨大な公園「Olympic Park」に向かう仮設通路の様子です。

 注目していただきたいのは、通路で光っている12枚のタイルです。実はこれ、踏むとLEDが点灯する「発電タイル」なのです。圧電素子を用いることで運動エネルギーを電気に変換しています。こうした技術はエネルギー・ハーベスティングと呼ばれ、注目を集めています。

 ただ、West Ham駅の事例で引っかかることがあります。オリンピックを運営するOlympic Delivery Authority(ODA)がニュース・リリースで「オリンピック開催期間中の発電量は20kWh、7200万Jに達する」と述べている点です(ニュース・リリース)。さらに、「オリンピックの陸上競技場のトラックを小型電気自動車で397周したり、1時間に1万個の携帯電話機を充電したりできるほどの発電量だ。この設備によって、歩道は24時間照らし出され、余った電力は2次電池に蓄えられる」と続けています。

エネルギー・ハーベスティングの“誤解”

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング