技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
佐々木次郎
2012/07/31 13:00
印刷用ページ

 「アスパラ! そんなこと、アンタがとやかく言うことじゃないでしょう! 大会社の社長の給料を気にするヒマがあったら、自分の仕事をしなさいよ! ったく、もう!」。

 やれやれ、朝からアスパラがお局にドヤされてますヨ。どうも、例の自動車メーカーの社長の給料が高いと言ったそうな。

 「で、でも先輩。どう考えても高いですよ。何十億円ももらうなんて、ボクには考えられません」。

 「だからァ、そこがアンタは分かっていないのよ。いい、大会社の社長の給料が高いとか安いとか、アンタは自分の給料と比較して考えているでしょ。そこがバカなのよ。社長の給料というのは、その会社、もっと言えば株主が、その社長の仕事ぶりを評価して決める、つまり、100%、その会社の評価基準で決めるのよ。いい、分かった?。それをアンタは自分のフトコロと比較して論じるなんて、バカ丸出しよォ!」。

 まあ、その通りでしょうナ。自分の給料と社長の給料を比較したところで、何も得なこたァありませんヤネ。しかも、大体が社長の方が高い場合が圧倒的に多い訳でして、そりゃあ、面白くないという個人的感情もありましょうが、何のメリットもありませんヨ。

 「ねえ、そうでしょう次郎さん。社長の給料を高いとか安いとかいう人に限って、自分の給料は安いと勘違いしているのよ。アタシに言わせれば、アスパラの給料なんて、もらえるだけでありがたいと思わなくちゃ。逆に、会社に授業料を払うのが本当じゃない?」。

 「うわあ、先輩、それは言い過ぎですよ。ボクは働いた対価として給料をもらっているのですから、こっちが払うなんて、もうメチャクチャですよ」。

 「いやあ、それが本当かもしれねえぜェ。アスパラ、お局の言うように、キミは会社に払うほうがイイのかもしれねえ。ナァ、次郎さん」。

 ははは、部長もヒドイことを言いますよ。アスパラ、もう集中砲火を浴びています。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング