• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント台湾・中国 中根レポート > AUOが7四半期連続の営業赤字、回復のカギ握る有機と酸化物

台湾・中国 中根レポート

AUOが7四半期連続の営業赤字、回復のカギ握る有機と酸化物

  • 中根 康夫=ドイツ証券
  • 2012/07/30 16:00
  • 1/4ページ

 台湾TFT液晶パネル大手の台湾AU Optronic(AUO)社が、7月25日に2012年2Q(第2四半期)決算説明会を実施した。連結売上高は951億8900万NTドル。YOY(対前年比)3%減、QOQ(対前四半期比)17%増である。売上高総損失は31億8600万NTドル(YOYで赤字拡大、QOQで赤字縮小)、営業損失104億7000万NTドル(同、赤字拡大、赤字縮小)、当期損失124億6100万NTドル(同、赤字拡大、赤字縮小)。売上総利益率は-3.3%(1Qは-8.0%)。営業利益率は-11.0%(同-16.6.%)だった。

 出荷数量は大型パネルがQOQ+16.1%、中小型パネルが同+3.5%。出荷面積は472万m2(YOY7.2%増、QOQ19.2%増)。ASP(平均単価)は全体が1m2当たり643米ドル(QOQ 0.9%減)である。在庫はQOQ6.2%減(2012年1Qは541億8500万NTドル、2Qは508億4700万NTドル)、在庫回転日数は49日(2012年1Qは53日)となる。

3Qの稼働率は2Qの80%から上昇へ

 3Qの見通しでのポイントは以下四つ。(1)大型パネルの出荷数量はQOQで横ばい。(2)ASPはプロダクト・ミックスの改善によってQOQで1桁前半(+3%程度)の上昇を見込む。(3)中小型パネルの出荷数量はQOQで若干の伸び。(4)稼働率は2Qの80%から若干の上昇。

【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ