• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 回想回帰-商品開発の現場から

回想回帰-商品開発の現場から

趣旨
テレビ、スマートフォンなどの市場における、日本の民生機器メーカーの苦境ぶりが伝えられている。果たして日本のエレクトロニクス・メーカーは、今後どのような製品を作っていけばいいのか。かつて、ソニーで無線機能付き液晶テレビ「エアボード」や、遠隔地からテレビ番組を楽しめる「ロケーションフリー」などの開発に携わり、2007年にケンウッドに移籍し、2008年にJVC・ケンウッド・ホールディングス 執行役員常務を務めた前田悟氏が、これまで手掛けた開発案件を振り返りながら、今後の道筋を提案していく。
前田 悟(まえだ さとる)
エムジェイアイ 代表取締役
1973年、ソニー入社。電話回線を介して情報をやりとりするビデオテックスやコードレス電話機などの新商品の企画・開発に携わる。世界初の無線テレビ「エアボード」や遠隔地からテレビ番組を楽しめる「ロケーションフリー」などを開発。2007年にケンウッドに移籍し、2008年にJVC・ケンウッド・ホールディングス執行役員常務。2011年6月に退任。エムジェイアイ株式会社設立、製品企画・経営コンサルタントを行う傍ら、複数企業の社外役員・アドバイザーも務める。

記事一覧

【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ