技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

Kodak破綻、フラッシュ・メモリが日本発だから富士フイルムは生き残れた

異分野が集積した日本のエコシステムでイノベーションを生み出そう

竹内 健=東京大学 准教授
2012/01/30 09:00
印刷用ページ

 アメリカの名門企業Eastman Kodak社が経営破綻に追い込まれました。一方、コダックと同様に銀塩フィルム・メーカーとして一世を風靡した富士フイルムはデジタル化への波にいち早く乗り、生き残ることができました。

 カメラのデジタル化は避けられないですし、デジタル化により銀塩フィルム事業が無くなることは、Kodakも富士フイルムも理解していたはず。両社の運命を分けたのは、経営者の判断、と富士フイルムの経営者を礼賛する声が聞かれます。

 ただ、Kodakを破綻に追い込んだ当事者の一人として、私は少し違和感を感じます。1990年代の半ば、カメラがデジタル化することで、フラッシュ・メモリが銀塩フイルムを置き換えました。私は東芝でフラッシュ・メモリを開発していたのですが、カメラのデジタル化を推し進めたのは日本の様々な企業たち。

 富士フイルムは確かにデジタルカメラに積極的な企業の一つでしたが、当時の日本のエレクトロニクス業界の、デジタル化に突き進む大きなうねりが富士フイルムをデジタル化にかき立てた、と私は考えています。

 経営学で日本を代表する一橋大学の野中郁次郎名誉教授は『日経ビジネス』で

「コダックは日本軍と同様に、過去の成功体験への過剰適応があったのではないか。結果として知識破壊企業になった。一方の富士フイルムは、まさに知識創造企業だ。モノづくりを捨てずに、銀塩フィルムで培った技術をベースに新しい事業ドメインを生み出すことができた」

と語っています。マクロな経営の視点からするとその通りなのですが、ではなぜ、デジタル化への決断を富士フイルムはできて、Kodakはできなかったのか。

 将来のデジタル化は仕方ないとしても、今すぐにデジタル化を進めると、既存市場の銀塩フィルム市場を失って、打撃を受ける。Kodakにとっても富士フイルムにとっても、できるだけデジタル化を先延ばしにしたい、というのが、合理的な判断にみえます。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング