技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

平準化の落とし穴

佐々木次郎
2011/12/05 12:00
印刷用ページ

 「ったくもう、ウチは大量生産のものづくりじゃねえんだから、平準化なんざァ関係ないだろうに、あの製造課長、何を言ってやんでェ!」。朝から部長が吠えています。

 どうやら、製造課長が平準化の信奉者でして、何が何でも平準化。要するに、個人差をなくして工程を平準化しようって事らしいのです。

 「そりゃあ、確かに個人差をなくして、誰もが同じように工程をこなし、それで効率が上がればいいサ。しかし、同じようにすればするほど、高率は下がる、そう言ってるんでェ。むしろ、俺は、出来るヤツはサッサと出来るような工程を組み、出来ないヤツは、それなりにこなせるような工程を組めばいい、そう言ってるのによォ。あの課長、『それでは出来ない者が目立ってしまうので、あえて平準化するのがいいと思います』って、それじゃあ、出来ないヤツに合わせるって事じゃあねえか。出来るヤツの技能や才能を削り、出来ないヤツに合わせるなんて、おかしくはねェか? ええっ、次郎さんよォ!」。

 う~ん、確かにおかしいかもしれませんが、課長の考えも分かりますワナ。出来るシトのペースに合わせると、それは確かにペースが上がり、生産効率は上がるかもしれませんが、逆の視点から見れば、出来ない(遅い)シトは大変ですヨ。ムリして怪我でもしたらと、それを課長が心配しているのかも知れませんヤネ。

 「いやいや、百歩譲って、課長がそこまで心配するなら仕方ねえよ。しかし、俺が気にしているのは、出来る者と出来ない者、そこを見ようとしないって事サ。要するに、誰にだって個性があるし、それがあるのが当たり前なのに、それを見ないのがおかしいのよ。手が早い者は早いし、遅い者は遅い。俺は、それをとやかく言ってるんじゃなくて、誰にでも同じペースで仕事をさせるのは、出来る者の特長をなくしてしまうって、そう言ってるんでェ。これって、もったいないと思わないかァ?」。

 確かに、誰にも同じ作業を同じペースでさせることにこだわれば、その中で、一番遅いペースのシトに合わせるしかありませんヤネ。だから、そのうちにペースが遅くなって、むしろ効率が落ちるのかもしれませんワナ。

 高度経済成長期の大量生産時代、何が何でも効率を追い求めた時、この平準化で効率を上げた時期もありました。しかし、ものづくりも多様化している今の時期、平準化では対応できない事の方が多いのかもしれませんナ。

 「次郎さんの言う、俺も経験した高度経済成長期。それを支えた大量生産時代は、とにかく、同じ物を大量に作る為の自動機や専用機を大量に並べ、それで工程を組んだのサ。だから、そこで働く者は、個性を出しちゃいけねえのよ。だってそうだろう、整然と同じ物が同じペースで出来上がるんだから、そこでイレギュラーな事をしては乱れるってことよ。誰もが個性を殺して、まるでロボットのように黙々と働いていたものよ。だけど、今のものづくり、特にウチのものづくりは逆に多様化しているんだから、ものづくりの工程も、色々あっていいんじゃねェか。出来るヤツはハイペース、出来ない者はそれなりのペースでやればいい、俺はそう言ってるのサ」。

 部長の言う通りかもしれませんヨ。これだけお客様のニーズが多様化し、商品やサービスも多様化している時代、作り手も多様化しなくちゃいけませんヤネ。なのに、大量生産時代の没個性では、かえって不都合があるてェ事ですナ。
  
 そんなこんなで赤提灯…。

 「へ、平準化ってなんですか?」。
 いやあ、アスパラは平準化を知らないんですナ。平準化なんて言葉、もう死語と言っていいのかもしれませんヤネ。

 お局も、「ははは、平準化かァ、懐かしいわネ。確かに大量生産の時代には、平準化は大事だったわよね。誰もが同じ目的の為に、同じ方向を見て、大量に物を作る。その為には、一糸乱れぬ統制が必要で、そのとき、出来る人のレベルに合わせることは出来ないから、むしろ、そうでない人のレベルに合わせる、言い換えれば、誰にも出来るようなレベルに合わせたのよ。中庸と言えばいいのかもしれないけど、今思うと、平均点よりちょっと下のレベルだったのかもしれないわねェ。人は大勢いたし、誰かが休んでもすぐに代わる人がいた。ある意味、いい時代だったわよねェ」。

 そうか、確かに懐かしい気もしますワナ。高度経済成長期、その時、多くの人が、皆、自分は中流と言いましたワナ。誰もが中流と言う時代、ひょっとして、それは、この社会も平準化されていたのかもしれませんナ。

 「それよりアタシ、部長と同じように気になるのは、課長が平準化に拘る、その拘り方よ。『それでは出来ない者が目立ってしまう』って、そこが気になるわ。何も、出来ない者を叱る訳じゃあるまいし、それなら、その人のペースでやってもらえば、それでいいじゃない。何で、出来ないのが目立つのかしら、気を回し過ぎよ。じゃあ逆に、出来る人からみれば、自分は出来るのに押さえられるなんて、イライラしちゃう。最近、何か変だと思うことが増えたけど、これもそうかもしれないわねェ。人の個性を評価するのは悪いことではない筈なのに、それは不平等だとする考え方。アタシは逆に、それが不公平だと思うのよ。人のいいところを伸ばしてあげるのがいけないなんて、それじゃあ、どこかの国のマスゲームみたいなものよォ。一糸乱れぬマスゲーム、アタシは見ていて、背筋が寒くなるくらいよ」。

 ははは、あれは選抜されたトップレベルの選手たちが、命がけで行うマスゲームですから、この話とはちょいと違いますが、お局の言うように、出来ない人を気遣うばかりでは困りますヤネ。肝心なことは、それぞれのシトの評価をちゃんとしてやるてェ事ですヨ。
 平準化という意味は、物事の不均衡をなくし、公平な状態にすることで、凸凹をなくすことでもありますが、人の個性もまっ平らになっちまったら、面白くも何ともありゃしませんヨ。能面のような顔で同じ事をしていたら、それこそお局の言うように、背筋がゾッと寒くなりますワナ。

 「中国は、過去に国民を平準化しようとした時期があったように思います。強制的に、知識層を農民にして、国民を統制した時期もありました。しかし、今はその反動でしょうか、皆、個性にあふれ、はじけているようです。ちょっと、はじけ過ぎかもしれませんがね」。欧陽春くんも、平準化には反対のようですナ。

 「欧陽春くん、それは日本も過去に同じ事があって、国民が自由に自分の意見が言えない時代もあったのよ。今は、そんな事は無いけれど、今の時代で怖いのは、尖った個性を削ってしまう事じゃないかしら。尖った個性は、時には理解できない事も多いけど、それは才能なのよ。例えば、芸術家って、普段の生活は普通じゃないし、変人に見えることもある。でもそれは芸術家としての尖った個性なのよ。尖った個性を丸くしたら、芸術ではなくなって、ただの製作物になってしまうのよ。要するに、色々な才能を、如何に伸ばすか、そこが大事なことじゃないかしら」。

 いやぁ、お局もイイことを言いますヨ。確かに、これからの時代は、如何に個性や才能を伸ばして行くか、それが大事てェことかもしれませんゾ。

 「先輩、ボクも個性や才能が大事だと思います。ところで、ボクには才能がありますかねえ」。突然、アスパラ、何か言って欲しいのでしょうか…。

 「えっ、才能? う~ん、そうよねえ、アスパラの才能かァ…。そうそう、あるある、あるわよ才能。アスパラの才能はね、とても純粋で真っ白なところ。こうして、自分のことをアタシに訊くなんて、本当に何も考えていないのよね、感心するワ」。

 少し間をおいてアスパラ、「それって、ノー天気って事ですかァ?」って、やれやれ平和なことですヨ。

 では、今夜はこのへんでお開きです。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング