技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

世界最大のイノベーション実験場(1)

徐 航明=Tech-On!特約ライター
2011/10/24 00:00
印刷用ページ

 イノベーションは一体どのように生まれるのか。個人や組織の創造力、市場、資金、技術など、さまざまな条件がある中で、イノベーションを生み出すのに有利な条件が整っていること、すなわちイノベーション創出を促す「場」や「環境」の提供が重要だといわれている。

 「世界の工場」として中国の沿岸部は、資金、生産技術、そして部品サプライヤーの集積地となりつつある。アップルのiPhoneやiPadの多くは富士康(フォックスコン)の中国工場で作られている。

 「世界の市場」として、最先端の新商品や各国の多くの商品が中国の店頭で並んでいる。中国はグローバル企業にとって、新商品を発売する最優先国の一つとなっている。

 「世界のR&D」として、グローバル企業のR&D拠点の多くが中国において新設され、また既存のR&D拠点は拡大されている。それに伴い優秀な人材が集まり、先進国からの技術とノウハウは中国への移転を加速している。

 資金も、国からのR&D投資が年々増加している。R&D支出をGDPと比較してみると、2010年の1.75%から、2015年には2.2%まで増加する(中国の第12次5カ年計画より)。民間も、ベンチャーキャピタルが大幅に増え、ニューヨーク証券市場で上場した中国系企業が相次ぐ。

 そういった流れから見て、中国ではイノベーションを起こす環境が構築されつつあり、その規模を考えると“世界最大のイノベーション実験場”とも言える。今回から2回に分けて、これをテーマに考えてみたい。今回は、中国の家電量販店で見かけた多くのグローバル企業の商品から、思ったことを述べたい。

 中国の家電量販店を訪れていつも感じることは、日本の家電量販店と製品ラインナップが大きく違うことだ。日本の家電量販店においては、iPhoneやiPadなど世界的に独走しているごく一部の商品以外は、まるで日本製品の展示会のように、日本製がほとんどを占めている。日本では、日本がまだ「家電強国」と感じられるようになっている。

 一方、中国の量販店に入ると、日本の量販店で得られた印象とは全く異なる。あたかも世界の家電製品の展示会のように、多国からの製品がずらりと並んでいる。日本製品はその中の一部に過ぎない。先日、幕張で開催された展示会「CEATEC」では、海外大手からの参加が少なかったが、中国の量販店での日本メーカーの位置づけは、CEATECでの海外メーカーと同様だ。

中国での携帯電話(スマートフォンを含む)事情

 規格は2Gがまだメインなものの、三つの3G国際標準(WCDMA、CDMA2000、TD-SCDMA)のサービスがそれぞれ三つのキャリア(中国聯通、中国電信、中国移動)により提供されている。主な端末メーカーを以下に挙げる。

欧州勢――Nokia、Sony-Ericsson
米国――Apple、Motorola
カナダ――BlackBerry
日本――シャープ
韓国――Samsung、LG
中国――ZTE、Lenovoなど数十社(非正規の山寨携帯電話は量販店では売っていない。それを含めると、携帯端末メーカーは数え切れない)
台湾:HTC

 携帯端末のメーカーの間には、日本と同様にiPhone対Andoridの競争以外にも、中国勢対海外勢、日系対韓国系、アジア対欧米、正規メーカー対非正規メーカーなど、さまざまな競争が展開されている。そのような競争の中で、中国の携帯電話は、世界のトレンドと同調しながら、中国ならではの機能も多数取り入れ、ますます進化している。例えば、日本の携帯電話ではあまり見かけないインスタントメッセンジャー機能は中国ではポピュラーな機能の一つである。山寨携帯電話が最初導入したダブルSIMカードの機能は、海外メーカーを含め、正規メーカーの携帯電話にも採用されているという。

中国量販店の携帯電話機売り場

 このような多国メーカーの競争の中で、少しでも差別化しようとしのぎを削り、ユーザーの興味を惹きつける機能を取り入れようとしている。仕様検討を重ねて、スピードが遅い日系メーカーは、その競争から脱落している。現在、シャープだけが生き残っている状況である。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング