• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり多視済済 > 長く軽く使える秘密とは

多視済済

長く軽く使える秘密とは

  • 2011/08/05 00:00
  • 1/2ページ
長く軽く使える秘密とは

  ここに挙げたのは,コクヨS&T(本社大阪市)の修正テープを分解したものだ。上のAは,内蔵するテープが長い「ケシピコロング」,下のBはペン型の「ケシピコスリム」である。両方とも,本体を手に持ち,ヘッド部を紙に押し当てて引いて使う。いずれも,未使用のテープを巻いた「送り出しコア」と,使用済みのテープ(インクを載せるフィルム=セパレータ)を回収する「巻き取りコア」を,ゴム製のOリングで連結する構造だ。

  このように両者は,基本的な構造こそ一緒だが,決定的に違う部分がある。テープの長さだ。Bが8mに対し,Aはその3倍以上の26m。このようにテープを長くするには,大きく二つの工夫が必要になった。一つは,セパレータ。主流は厚さ12μm程度だが,これを使うと,筐体が大きくなる。そこで,Bのときに初めて採用した,厚さ6μmの薄いセパレータを使うことにした*1

*1 セパレータを薄くすると,テープを巻く技術にも工夫が必要になった。例えば,巻くときのテンションが強すぎると,本来インクが付着する面とは逆(裏)側に付着 してしまい(背面転移),逆に緩すぎるとテープ間がズレてしまう,といった現象が起きる。そのため,試行錯誤して最適なテンションを見つけたという。

  もう一つは,使いはじめから終わりまで,テープを紙に押し当てて引く力(転写荷重)の変化を抑える工夫だ。一般に,このような修正テープでは,使用するにつれて引きが重くなるため,それを緩和する仕掛けが施されている。しかし,Aのようにテープ長が26mともなると,従来の工夫だけでは補いきれず,新しい機構が必要になった。その,Oリングのテンションにかかわる,長いテープを最後まで軽い力で引けるようにした工夫とは…。

【技術者塾】(10/28開催)
自動車構造部品の信頼を支える金属疲労メカニズムと疲労向上技術

材料特性から把握して設計段階で安全を担保する


疲労強度設計を正しく行うために必要な知識や技術について解説します。金属の疲労強度の基本知識から、鉄鋼材料を中心とする材料強度の基本知識、疲労強度の向上方法など、幅広い範囲を実データを交えながら分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ