• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

長く軽く使える秘密とは

2011/08/05 00:00
1/2ページ
出典:日経ものづくり、2009年5月号 、pp.17-19 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
長く軽く使える秘密とは

  ここに挙げたのは,コクヨS&T(本社大阪市)の修正テープを分解したものだ。上のAは,内蔵するテープが長い「ケシピコロング」,下のBはペン型の「ケシピコスリム」である。両方とも,本体を手に持ち,ヘッド部を紙に押し当てて引いて使う。いずれも,未使用のテープを巻いた「送り出しコア」と,使用済みのテープ(インクを載せるフィルム=セパレータ)を回収する「巻き取りコア」を,ゴム製のOリングで連結する構造だ。

  このように両者は,基本的な構造こそ一緒だが,決定的に違う部分がある。テープの長さだ。Bが8mに対し,Aはその3倍以上の26m。このようにテープを長くするには,大きく二つの工夫が必要になった。一つは,セパレータ。主流は厚さ12μm程度だが,これを使うと,筐体が大きくなる。そこで,Bのときに初めて採用した,厚さ6μmの薄いセパレータを使うことにした*1

*1 セパレータを薄くすると,テープを巻く技術にも工夫が必要になった。例えば,巻くときのテンションが強すぎると,本来インクが付着する面とは逆(裏)側に付着 してしまい(背面転移),逆に緩すぎるとテープ間がズレてしまう,といった現象が起きる。そのため,試行錯誤して最適なテンションを見つけたという。

  もう一つは,使いはじめから終わりまで,テープを紙に押し当てて引く力(転写荷重)の変化を抑える工夫だ。一般に,このような修正テープでは,使用するにつれて引きが重くなるため,それを緩和する仕掛けが施されている。しかし,Aのようにテープ長が26mともなると,従来の工夫だけでは補いきれず,新しい機構が必要になった。その,Oリングのテンションにかかわる,長いテープを最後まで軽い力で引けるようにした工夫とは…。

【技術者塾】(2/22-23開催)
自動車のモジュール化 2日間実践セミナー

~演習主体で実践力を体得~


モジュラーデザインの第一人者・日野三十四氏による、自動車(自動車部品含む)に特化したモジュール化セミナーです。自動車の事例やテンプレートを基に、演習主体で学びます。設計手順書の作り方とモジュール化の実践的な進め方を習得できます。 詳細は、こちら
日時:2016年2月22、23日 10:00~17:00(両日とも)
会場:Learning Square新橋
主催:日経Automotive
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング