• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
Jean-Christophe Eloy=Yole Developpement
2011/05/11 00:00
1/2ページ

 フリップチップ市場の動向は、あなたを驚かせるかもしれない。フリップチップ市場は、今後5年間で毎年15%以上の成長が見込まれている。フリップチップによってプリント基板と機器の隙間を埋められることが、この成長の大きな要因になっている(仏Yole Developpement社がまとめた図1参照)。この需要増の背景にはいくつかの鍵となる要因がある。

[画像のクリックで拡大表示]

 まず第一に、高まり続けるI/O密度やそのために必要になる大きなダイとパッケージのファン・アウト面積、またファインピッチ基板との相互接続(I/O相互接続の隙間を埋めるため)には、フリップチップを使用する以外の手段がないことである。このことは、例えばフリップチップのチップ・スケール・パッケージ(fcCSP)やGPU、CPUにおけるアプリケーション・プロセサに特に当てはまる。また、フリップチップのボール・グリッド・アレイ(fcBGA)、さらにはチップ・オン・グラス(COG)やチップ・オン・フレックス(COF)のディスプレイ・ドライバについても同様のことが言える。

 電気的な性能やインタフェースの帯域幅に対する要求も、特にアプリケーション・プロセサやGPU、FPGA、ASIC、パワーマネジメント・ユニット、RFトランシーバといった分野での需要を押し上げている。CPUやGPU、パワーアンプに必要とされる熱対策も、需要増の鍵となっている。さらに、ソーフィルタに求められる密封性も要素の一つである。CMOSセンサやLEDなどに用いられる人間工学やトポロジーもそうである。

 通常、コストはフリップチップを選択する主な理由にはならない。フリップチップは、すべての半導体パッケージの10%未満、また半導体組立・パッケージング市場において27%ほどを占めているにすぎない。しかし、Au配線接続の空前の高コスト化と、生産量の増加による規模の経済によって、フリップチップのコストはかなり下がって来ている。

【技術者塾】(2/18開催)
めっきの基礎から最新活用法まで

~製品の性能向上に欠かせないめっきを知ろう!~


電子デバイスにおける微細配線や三次元実装、はたまたバイオやMEMSの微細加工といったさまざまな分野に、めっきの技術が生かされています。あらゆる分野の技術者が知っておきたい、めっきの基礎と最新の活用法について解説します。 詳細は、こちら
日時:2016年2月18日(木)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋
主催:日経ものづくり
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング