設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

第7回・インタフェースに足りないもの

津田 真吾=iTiDコンサルティング ディレクター
2011/02/28 00:00
印刷用ページ

 突然ですが、通勤途中のJR山手線,目黒駅と恵比寿駅にホームドアが設置されたことがずっと気になっています。

 鉄道のPlatformに掛けたシャレだというのは半分正解です。

 実は、山手線には4ドアの車両と6ドアの車両が混在しているため、ドアの位置が合わないのではないか、と心配しているのです。調べてみると、ホームドアはホーム全体に完成しているわけではなく,6ドアの車両が止まる位置にはまだ設定されていないのです。一部に組み込まれている6ドアの車両は,順次廃止するということです。

 ホームドアを設置すると、乗降位置、ひいては車両に影響を与える、というのは非常に当たり前のことに感じるかもしれません。しかし、これはさまざまな車両に常に適合するべき『プラットフォーム』にとっては生命線となる事柄です。同じホーム上の変化でも、売店を設置したり、待合室を設けたりすることは車両に影響を与えません。しかし、ホームドアは電車とホームの間のインタフェースを変えるのです。

 プラットフォームを考える上で「インタフェース」は避けて通れません。

 プラットフォームに色々なオプションがつながるようにするには、切り口が明確である必要があります。切り口というと、プラットフォームとオプションを切った断面のような感覚を受けますが、予め設計する対象なので“継ぎ手”と捉えた方が良いでしょう。プラットフォームという未完成品を完成させるための継ぎ手がインタフェースとなります。

 設計に着手する前に、この継ぎ手に対する構想が練られている必要があります。これができていないと、どんなことが起きるのか、以前取り上げた新しい“携帯型AM/FMラジオの開発”現場を見てみましょう。

【技術者塾】(9/14開催)
「エスノグラフィック・インタビュー」(行動観察実践編)

~潜在ニーズを見つけてヒット商品を生む~


ヒット商品づくりに必要な「潜在的な(未来の)ニーズ」を発見する方法を学びます。人間中心設計(HCD)と「エスノグラフィック・インタビュー」の概要を理解した後、演習を実施。観察やインタビューから新しいユーザー価値を見いだすまでの過程を体験的に学べるブログラムです。 詳細は、こちら
日時:2015年9月14日(月)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング