• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスデータから読み解くデバイス新潮流 南川レポート > 円高に伴う製造拠点の海外移転や統廃合,その正当性や手法を見直す

データから読み解くデバイス新潮流 南川レポート

円高に伴う製造拠点の海外移転や統廃合,その正当性や手法を見直す

  • 南川 明=アイサプライ・ジャパン
  • 2010/10/04 18:48
  • 1/1ページ
 急激な円高により,日本の製造業が海外に移転してゆくとする論調の報道が多くなっている。その中で,ついにキヤノンが製造の海外移転を発表した。また,経済産業省が輸出製造企業など102社に対して2010年9月に実施したアンケートによれば,円高が継続した場合には製造企業の40%が「生産工場や開発拠点などを海外に移転する」,60%が「海外での生産比率を拡大する」と回答したと言う。このままでは耐えられないというのが,日本の製造業に携わる方々の偽らざる実感なのだろう。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓