• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス久保翼のデバイス時評 > 暗い映像の3Dテレビは“省エネ”に逆行する製品か?(前編)

久保翼のデバイス時評

暗い映像の3Dテレビは“省エネ”に逆行する製品か?(前編)

  • 久保 翼
  • 2010/08/04 14:00
  • 1/1ページ
 パナソニック,ソニーに続いてシャープが3次元(3D)テレビを発売した。3社を追って8月には東芝も3Dテレビを発売するという2010年を“3Dテレビ元年”と称して,テレビ・メーカーは2次元(2D)に続く“柳の下のドジョウ”を3Dテレビと位置付けているらしい。そこで,この3Dテレビを取り上げ,前回のコラムで議論した“省エネ”をテーマに,今回から2回にわたって連載する。
【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ