• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ新車レポート御堀直嗣のテクニカル・インプレッション > 【御堀直嗣のテクニカル・インプレッション】ホンダ・CR-Z:軽やかで上質な運転感覚、メータの見にくさで魅力半減

御堀直嗣のテクニカル・インプレッション

【御堀直嗣のテクニカル・インプレッション】ホンダ・CR-Z:軽やかで上質な運転感覚、メータの見にくさで魅力半減

  • 鶴原 吉郎=日経Automotive Technology
  • 2010/04/15 19:30
  • 1/1ページ
 「クルマ好きが自慢できるスポーツカーにしたい」。開発責任者がそう意気込みを語るホンダの新型ハイブリッド車「CR-Z」がいよいよ発売された。それは、近年運転したホンダ車のなかで、最も感動を覚えた1台であった。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓