ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

世界のテレビ市場展望(第1回)新たな希望

Jed Yune(翻訳:Irene Heo,校正・編集:湯浅 佳樹)=Displaybank
2010/02/23 00:00
印刷用ページ

 2009年のテレビ市場を振り返ると,当初は憂慮されたものの,景気低迷をよく乗り越えたといえる。下期にテレビ需要が盛り上がるなど,再び成長軌道に入った。こうしたテレビ市場の回復は,2009年を危機と捉えたメーカーの戦略が有効に機能したものと評価される。また,厳しい市況の中で,各社は新たな希望を見いだした。

 これらを踏まえ,われわれは2009年の世界テレビ市場をレビューし,2010年以降にはどういったチャンスがあるかを分析,今後の市場を展望してみた。「世界のテレビ市場展望」と題して,3回にわたって連載する。

2009年の世界テレビ市場の動向

【1】表示素子別の需要

 2009年第1四半期,テレビ全体の出荷台数は前年同期比でマイナスとなった。これは,CRTテレビの減少を液晶テレビの増加が下回ったためだ。しかし,マイナス幅が減少したのは,肯定的な兆候である。

 実際に,2009年の液晶テレビ出荷台数の伸び率は前年同期比で上期の20%から下期は30%に上昇した。こうした成長により,2010年は楽観的な市場展望になっている。

表示素子別の出荷台数
テレビの表示素子別の出荷台数(2009年第4四半期は見込み値)

【2】平均価格

 各表示素子の平均価格は前年同期比で下落傾向にあったが,下期には安定化が進んだ。ハイエンドのLED バックライト搭載液晶テレビ,大型化,新興市場でのFPDテレビへの移行,などが価格安定化に寄与した。しかし,現在の平均価格で今後もテレビ市場を拡大していくのは難しく,業界では「新たな価格設定が必要」という雰囲気が広がっている。

各素子の平均価格
各素子の平均価格の推移(2009年第4四半期は見込み値)

【3】各地域の液晶テレビ需要

 各地域の液晶テレビの需要推移を見ると,これまでは北米(NA)と西欧(WE)が需要を牽引してきたが,現在は中国が急激に台頭してきている。他の地域は,季節的要因で増減しているが,中国は増加の一途をたどっている。

 2009年の中国の液晶テレビ市場は2480万台に達すると見られる。世界で中国が占める比率も2008年の10%台から2009年は20%台に拡大するのは確実だ。

 こうした成長の背景には,中国政府の強力な市場活性化策がある。景気低迷で輸出が急減,内需で新たな突破口を見出すために推進された「家電下郷」などである。こうした政策により農村地域でも販売が伸びるなど,中国は世界経済危機の中でも成長を続けた。

各地域のテレビ出荷台数の推移(2009年第4四半期は見込み値)
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング