ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

LEDバックライト液晶テレビの低消費電力化

松枝 洋二郎=松枝コンサルティング
2010/01/18 10:30
印刷用ページ

 最近,LEDバックライト液晶テレビの話題がにぎやかである。韓国メーカーはLEDバックライトを搭載した液晶テレビを「LED TV」と呼んでブランド・イメージを高める戦略を取っているが,この表現は消費者に誤解を与える誇大広告に当たる可能性が高い(LEDユニットを敷き詰めた表示装置と混同される)と筆者は考えているので,以降では「LED LCD TV」と表記する。このLED LCD TV市場は,先行する韓国Samsung Electronics Co., Ltd.が牽引役となり,今年から大幅に伸びると予想されている(Tech-On!関連記事1Tech-On!関連記事2)。シャープも超低消費電力を“売り”とする次期モデルにLEDバックライトを搭載するもようである(Tech-On!関連記事3)。

 ここへ来て液晶テレビ・メーカー各社がLED LCD TVに本腰を入れ始めたのには理由がある。

 まず,白色LEDの発光効率が年々向上し,量産効果により単価も安くなってきたのが第一の理由である。既に高演色型でも100lm/W程度の発光効率が実現されており,2015年頃には150lm/W程度に達すると思われる。LEDバックライトの液晶パネルが最初に登場した頃には,RGBの3色のLEDを適用し,NTSC比100%以上という色再現範囲の広さを売りにしていた。ただ,消費電力は約2倍程度と大きく価格も高価で,ごく一部の高級モデルにしか適用されなかった。白色LEDを使用すれば,色再現範囲はCCFL(冷陰極管)方式に比べてそれほど大きな改善にはならないが,消費電力とコスト面では十分競争できる。

 第二の理由は,導光板技術の進歩により,エッジライト方式でも直下型方式でもLEDの薄さを生かしながら,均一な拡散光を得ることができるようになった点である。この結果,従来より薄型で,全点灯時の消費電力はCCFL方式と同等かそれ以下,コストもほぼ同等,というモジュールが実現できるようになってきた。LEDバックライトは表示中の輝度を変化させることが容易なので,携帯機器で広く用いられているダイナミック・コントラスト調整技術も適用可能である。従って,全点灯時の消費電力に比べて,標準的な画像の消費電力を減らすことができる。つまり,平均的画像ならCCFL方式より確実に低消費電力化が可能である。もしローカル・ディミング(局所輝度制御)技術を適用すれば,さらなる低消費電力化とコントラスト比の向上も期待できる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング