技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「日本刀」 第2話 『今なお底知れない鉄のナゾ』

文:国分樹生=ライター,仲森 智博=編集委員 撮影:藤森 武
2009/08/27 15:00
印刷用ページ

Flash版はこちらから:Flash Playerが必要です


玉鋼の塊。
玉鋼の塊。

 日本刀製作には、原料となる砂鉄を探すところから、鞘や柄、鍔(つば)などの刀装具作りまで、実に数多くの工程が存在する。

 そのうち刀匠が携わる仕事は、たたら製鉄で出来上がった玉鋼(たまはがね)を薄くのばす「水減し(みずへし)」から始まる。その後、「小割り」「選別」「積み重ね」を経てようやく日本刀となる素材が整う。その後に火を使う工程の「積み沸かし」「鍛錬(下鍛え[きたえ])と、上鍛えに分かれる)」「造り込み」「素延べ(すのべ)」「火造り(ひづくり)」を経て、日本刀の大まかな形状が出来上がる。

 そこからヤスリやセンと呼ばれる道具で鉄を削って形を整え、さらに、荒砥石をかけて表面を平らにする。その次が、鋼の組織を刃物に適したものに変化させる工程となる。まず表面に焼刃土(やきばつち)を塗る「土置き」を施してから、加熱、急冷する「焼入れ」、「合取り(あいとり)」と呼ばれる熱処理を行なうのである。焼入れの瞬間、温度差で鋼がぐっと上反ることで、日本刀独特の反りのある形状が完成する。

玉鋼の塊を火床(ほど)の中で赤める水減しから刀匠の仕事は始まる。
玉鋼の塊を火床(ほど)の中で赤める水減しから刀匠の仕事は始まる。

 「ひずみ取り」を終えた後は、仕上げの工程となる。砥石で大まかに研ぐ「鍛冶押し」でほぼ完成に近い形状まで仕上げ、研ぎ師にまわす。場合によっては、この段階で刀匠が彫刻などの装飾を刀身に施すこともある。研ぎ師による「下研ぎ」の後、白木でできた白鞘を作られ、これをさらに精密に研ぐ「仕上げ研ぎ」が施される。これらが終了して戻ってきたら、刀の握りに相当する茎(なかご)に自身の銘を刻む「銘入れ」を行なう。これで、刀匠の仕事は終了し、あとは柄や鞘、鍔などの刀装具の専門職に、我が身の分身とも言うべき日本刀を託することになる。

 そんな刀匠の仕事を、現代を代表する刀匠のひとりである河内國平(かわちくにひら)に見せていただいた。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング