技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

【電子産業史】1981年:光ファイバ通信

集積回路と対を成す,「硅石器時代」の牽引役

2008/08/14 09:00
印刷用ページ

1981年,日本電信電話公社は光ファイバ伝送方式の商用を開始した。

 光ファイバ通信への関心が本格的に高まったのは1970年である。この年に伝送損失が20dB/kmの光ファイバを米Corning社が発表した1)。同じ年,米Bell Laboratoriesが室温で連続発振する半導体レーザを開発する2)

 もちろん先駆的業績はある3~5)。しかし光ファイバ通信の開発が一気に加熱したのは1970年からだ。

 1970年ごろはマイクロプロセサやDRAMが世に出た時期でもある。これらの集積回路はSi(ケイ素)でできている。光ファイバの主材料はSiO2(二酸化ケイ素)だ。「情報を処理する集積回路と情報を伝送する光ファイバ,この両者がケイ素を主成分としている。そして両者ともこれから世にはびこるだろう」。そう考えて私は硅石器時代(silico-lithic age)という言葉を造った。そして1970年を硅石器時代元年とした6~7)。『日経エレクトロニクス』の創刊はその翌年である。『日経エレクトロニクス』の成長と硅石器時代の発展は同期していた。

 驚異的なのは1970年以後である。1970年代のわずか10年間に,光ファイバ通信は,基礎研究段階から実用化段階にまで達してしまった6)。例えば1970年代の10年間に,光ファイバの伝送損失は20dB/kmから0.2dB/kmにまで低下する(図1)。無中継伝送距離と情報伝送速度の積は,10年で1000倍のペースでの進歩が続いた6)。この10年1000倍(毎年2倍)という進歩速度は,メモリの総ビット数需要の伸びにも見られる6)


図1 光ファイバの伝送損失低下の歩み 1970年の20dB/kmから,10年後には0.2dB/kmにまで低下した。 (画像のクリックで拡大)

 実は1970年の時点では,ミリ波導波管方式の方が先行していた。この方式は直径50mmの円形導波管を伝送媒体に用いる。1970年ごろには,各国の通信機関とも,実用化試験の目前だった。ところが1970年代に入ると,ミリ波方式は急速に影が薄れ,1975年ごろには事実上消滅する。光ファイバ方式の急速な立ち上がりが,その主たる理由である。

80年代に基幹網,今や家庭に

 1980年代には各国で公衆通信網の基幹回線への普及が進んだ。日本では1985年に日本縦貫光ファイバ・ケーブル伝送路が完成している。ちなみにこの1985年は,通信の自由化と民営化の年(NTT発足の年)でもある。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング