技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

【電子産業史】1974年:インターネットの源流「ARPANET」

汎用機の時代に今も続く枠組みを作る

2008/08/08 09:00
印刷用ページ

1974年に米ARPAは,複数のコンピュータ・ネットワークを統合するプロトコルの基本構想の中で,TCPを提案した。


図1 1973年9月のARPANET 本誌1974年6月17日号から。

 1969年,ARPANET(ARPAネットワーク)が誕生した時は,米国西部の大学・研究所4カ所(University of California Los Angeles校(UCLA),Stanford Research Institute,University of California Santa Barbara校(UCSB),University of Utah)を50kビット/秒の通信回線で結んだ小さなネットワークだった。その後ネットワークへの接続は全米と欧州の一部まで広がり,1973年には40ノードを超える大ネットワークに発展した(図1)。

 ARPANETの発端は,米国防総省の高等研究計画局(ARPA:Advanced Research Projects Agency)が研究資金を提供している大学・研究所の間でコンピュータ資源を共有し,情報共有を活発化することによって,研究開発を促進しようとしたものだった。ARPANETの開発過程で,パケット交換,ストア・アンド・フォワード,通信プロトコル,フロー制御,TCP/IPなどの基本概念が実用化され,最終的にはインターネットの誕生へとつながっていく。当時はこうしたネットワークを「コンピュータ・ネットワーク」と呼んでいたが,今流に言えば,「情報ネットワーク」のモデルを初めて大規模に実現したものだった。

 当時の環境を振り返ると,コンピュータといえば米IBM社のSystem/360のような汎用機を指すのが普通で,ミニコンピュータ(ミニコン)が日本でも広がり始めたところだった。パソコンやマイクロプロセサは,もちろん存在しない。コンピュータと通信は別個の世界であり,コンピュータ間の通信はほとんど実現していない。Ethernetの論文が発表されたのは1976年であり,LAN(ローカル・エリア・ネットワーク)もまだ存在していなかった。ビジネスのツールとしては,机の上に電話機があるきりで,ファクシミリも普及していない。

 そのころ,コンピュータを使う場合は,専用のコンピュータ室に行って端末機を操作するのが普通であった。こうした利用形態からの変化は米国の先進的な大学・研究所で始まり,1人に端末1台の環境でLANや電子メールを駆使する環境がつくられていく。コンピュータの利用形態から見ると,バッチ処理からTSS(タイム・シェアリング・システム),そしてコンピュータ・ネットワークという流れである。最終的には今日のインターネットの利用のように,机の上から必要な情報を取り出してくることが可能となり,どこにいても情報へのアクセス,電子メールの読み書きができるようになった。ARPANETの時代と比べ,格段に複雑なことを非常に高速かつ安価にできるようになったが,ネットワークの基本的な枠組みは変わっていない。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング