技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

【電子産業史】1971年:世界初のマイクロプロセサ「4004」

蓄積プログラム方式の採用で,新時代開く

2008/08/06 15:00
印刷用ページ

1971年11月,米Intel社は米Electronic News誌の広告で世界初のマイクロプロセサ「4004」を発表した。

 「米インテル社がマイクロコンピュータと称される初めての製品4004を出して,世の注目を集めたのは1971年であった。その後の,マイクロコンピュータ技術の急速な発展と,広範な分野に適用されていった姿は,実に驚くばかりである。図1を見ていただきたい。今回本誌が調査したものだけでも,20種を超える機種が現在入手可能な状況にある。現在米国だけでなく国内においても半導体メーカーのほとんどが何らかのマイクロコンピュータを手がけるに至っている。
 本誌が初めてマイクロコンピュータの解説を行ったのは1972年10月である。そこで「わずか1年ばかりの間にこれだけ多くのマイクロコンピュータ・システムが市場に現れたことは,とりもなおさず今後の爆発的な“マイクロコンピュータ時代”の到来を暗示していると言ってよかろう」と述べたことがまさに現実の姿となった。また,奇しくも,その解説時点が第2世代マイクロコンピュータの開発開始時期でもあった。「マイクロコンピュータ時代」はその翌年(1973年末)に第2世代マイクロコンピュータ(インテル8080,東芝TLCS-12)の登場という形で開かれた。…」1)

 以上は,筆者が本誌1975年5月19日号に掲載した記事1)の書き出しである。


図1 各種マイクロコンピュータの開発の状況とおよその開発時期 1) (画像のクリックで拡大)

「汎用LSI部品」の道筋示す

 プレーナ技術による集積回路(IC)実用化を受け,1960年代,電子機器設計者とコンピュータ設計者の関心はIC化にあった。ICとマイクロプログラム制御方式を採用した米IBM社の「System/360」の発表(1964年)は,コンピュータ設計者に大きなインパクトを与えたし,電子機器設計者も集積回路技術の進展を受けて1960年代後半,IC部品の積極導入に動いた。とりわけ電卓分野で,シャープはIC電卓に続き,1969年には世界初のMOS型LSI電卓を出した。また翌年米Intel社は1KビットDRAMを発表している。

 「1970年代はLSIの時代」という認識は当時の開発者間で広がっていたが,1970年前後で実際にLSI化された電子機器はさほど多くはない。論理回路を大規模に集積すればするほど一般的には専用性を強め,汎用性・柔軟性が薄れる。現実的にLSI化を図るには,論理回路をどうモジュール分割するかが重要となる。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング