技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

現場重視と“方法論”重視の対立

谷島 宣之=経営とITサイト編集長
2008/06/09 16:00
印刷用ページ

 「理想と現実、あるいは創造と管理が両立しにくいことは分かりますが、経験と方法論は両立するのではないでしょうか。経験から方法論を抽出し、その方法論を用いながら経験をさらに積むわけですから」。

 先日、ある大学院大学で講演した際、学生の一人から冒頭の質問を受けた。締めくくりに「仕事で成果を上げる人は、両立できない事項を両方とも徹底追及できる」といった話をした。その時、なかなか両立できない事項として、創造と管理、自由と規律、理想と現実、米国流と日本流、経験と方法論、未来志向と基本徹底、保守主義とリスクテイク、といった例を挙げた。その学生は「経験と方法論がなぜ入っているのか」と問うてきたわけだ。

 筆者の回答を文章で再現してみよう。経験と方法論は本来矛盾しない。ところが日本のいたる所で、経験重視派と方法論遵守派が対立する構図が見られる。分かり易く言うと、「現場の経験が何よりも大事だ、理屈なんかで仕事ができるか」と言う人と、「闇雲に頑張れと言っても成功しない。きちんと整理された方法論に則って物事を進めるべきだ」と言う人がぶつかってしまう。

プロジェクトマネジメント知識体系を巡る対立

 一例として、プロジェクトマネジメントを取り上げる。プロジェクトとはいくつかの制約を守りつつ期限までに所定の成果を上げる活動を指し、プロジェクトマネジメントはプロジェクトを成功させる取り組みを言う。プロジェクトマネジメントの世界には『A Guide to the Project Management Body of Knowledge』という著名なガイドブックがある。PMBOKと呼ばれることが多い。同書は米国のPMI(プロジェクトマネジメント・インスティチュート)という団体が出版しており、プロジェクトをマネジメントするために必要な知識が体系立てて記載されている。

 PMBOKの作成にあたっては、PMIに所属する世界のプロジェクト経験者達が集まって議論を重ねた。プロジェクトの範囲決め(スコープ)、スケジュール、コスト、チーム運営、コミュニケーションといった領域についてどのような知識が必要になるか、体系的にまとめられている。ただし、こうするとうまくいく、というハウツーが記載されているわけではない。したがって、PMBOKからプロジェクトマネジメントのコツを読みとることは難しい。

 PMBOKはハウツー本ではなく、知識の枠組みを頭の中に入れるためにこそ使うものである。その上で実際のプロジェクトに臨むと、現場から得られた知識をその枠組みにそって整理しやすくなる。すなわち「経験から方法論を抽出し、その方法論を用いながら経験をさらに積む」ことが可能になる。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング