技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

【技術者・中尾に学ぶ】第1回:スーパーアイロンで飛び立つ

2008/05/26 09:30
印刷用ページ

 松下幸之助を支えた右腕エンジニア・中尾哲二郎氏の存在は、実はあまり知られていない。

 1918年に創業し今風に言えばベンチャーだった松下電器は、今や世界の代表的なメーカーへとその姿を成した。一代にして世界企業を作り上げた天才経営者・幸之助のベスト・パートナー――それが中尾だった(写真1)。

写真1●松下電器歴史館「創業の家」コーナーで語り合う往年の中尾哲二郎(右)と松下幸之助(松下電器歴史館提供)
写真1●松下電器歴史館「創業の家」コーナーで語り合う
往年の中尾哲二郎(右)と松下幸之助(松下電器歴史館提供)

 中尾は、いったいどんな男だったのか。中尾が持つ技術哲学。部下である技術者たちのマネジメント。何よりもその暖かい人間性。幸之助は中尾を「希有の 人」とまで高く評した。中尾が松下電器に遺したエピソードは、ものづくりの対象がハードウエアからソフトウエアへと広がった今でも、数多くの示唆を含んで いる。

 第一部では、中尾がどんな姿勢で製品開発に取り組み、どんな成果を遺したのかを5回にわたり探っていく。中尾は数々の商品を開発した優れたエンジニアであり、人間味溢れたマネジャでもあった(写真2)。電熱器、乾電池、自動炊飯器、カラーテレビ、VTR…中尾の一生と松下の歩みを時系列でたどりつつ、中尾の人物像を見ていこう。

写真2●中尾哲二郎の開発した商品の数々。アイロン(左奥)から高性能乾電池(左手前)まで(松下電器歴史館提供)
写真2●中尾哲二郎の開発した商品の数々。 アイロン(左奥)から
高性能乾電池(左手前)まで(松下電器歴史館提供)


 1923(大正12)年末も押し迫った頃だった。この年創業5年目の松下電気器具製作所(現在の松下電器産業)は、松下幸之助の開発した独創的な「砲弾 型自転車ランプ」をヒットさせていた。関東大震災が発生した年だったものの、従業員も50名ほどに増え、活況を呈していた。

 松下幸之助は工場で器用に旋盤を使う見慣れぬ小柄な青年に目を奪われた。手の運びや動作が素人離れしている。「君はどこの者かね?」と声をかけた幸之助に、「私は檜山のもので、ちょっと旋盤を拝借しています」と青年は答えた。

 この瞬間こそ、29歳の志高き青年実業家・松下幸之助と、あくなき追求心に燃える22歳の青年技術者・中尾哲二郎の天啓にも等しい出会い、この先60年にわたる二人三脚の始まりでもあった。

死別と苦労を重ねた少年時代

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング