設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

ものは文化と伝統で強くなる

プラス 社長 今泉 嘉久 氏

2008/05/07 15:39
印刷用ページ
今泉 嘉久 氏
写真:糠野 伸

 昭和40年代ごろ,日本が米国とか欧州にさまざまなものを大量に輸出した時代がありましたよね。それと同じことが今,中国から日本への輸入という形で起こっている。あと10年経つとインドなどからの輸入も増えるかもしれない。そのときに日本はどうするべきか。

 あの日本の輸出攻勢に耐えて生き残った,米国と欧州の企業は何をやったでしょう。単純にもの(商品)だけではなく,違う空間みたいなものを自分で発見して,その中に自分を入れてるんです。それはサービスという言葉で表現できるかもしれないし,ブランドっていう言葉かもしれませんけれども,何かを作り上げてるんですね。

 それを考えると,単純にものづくり回帰とか,日本はやっぱりものづくりの国だって簡単には言うべきじゃないと思う。ものプラスアルファの国だって言うべきだと。精度の高いもの,安いものを追い求めても,最終的には中国に追い付かれてしまいますよ。というより,追い付かれるという前提で物事を考えた方がいいと思いますね。

 私がこんなことを言うのは,文具を中心とした雑貨というビジネスの範疇の中にいるから,最先端の技術で生きていらっしゃる方々とは違う分野にいるからかもしれませんが。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/11開催)
Quick DRを始めよう

~日産自動車で生まれた不具合未然防止手法~


日産自動車においてQuick DRを開発し、導入推進した講師が、Quick DRの考え方やプロセス、実施手順などを解説します。具体的な課題によるQuick DRの主要手順を体験する演習も実施します。 詳細は、こちら
日時: 2015年09月11日(金)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング