技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

500本の記事で振り返る次世代DVDの6年戦争 【2004年:舌戦】

今井 拓司=Tech-On!
2008/02/20 17:30
印刷用ページ

 ハリウッドの思惑と裏腹,2004年に入ると両陣営の争いは激化した。1月,米国で最大の家電展示会「2004 International CES」で,両者は再生専用ディスクに対応したプレーヤーの試作機を並べた。東芝は,DVD Forumが承認した「HD DVD-ROM」規格のバージョン0.9版に準拠する装置を展示。ソニーは,Blu-ray Disc規格の再生専用媒体「BD-ROM(仮称)」に向けたプレーヤの試作機を初めて見せた

 ハリウッドが大きな関心を寄せたのは,Blu-ray DiscとHD DVDのそれぞれが,再生専用ディスクを安価に作れるかどうかだった。各規格を推す企業は,ディスクの製造拠点にマスコミを相次いで呼び寄せ,量産準備が着々と進んでいることを誇示するとともに,コストに大きく響くディスク1枚あたりの製造時間を競った。3月にソニーは静岡県の試作ラインを公開し,ディスク1枚を5~6秒で製造できると主張。5月にはHD DVD側の媒体メーカー,メモリーテックが量産ラインを立ち上げ,ディスク1枚を3.5秒で製造できるとして,Blu-ray Discと比べて低コスト化に向くことを強調した。

 秋になると,両陣営のコンテンツ争奪合戦の勝敗が徐々に明らかになる。9月にソニーは,大手映画会社の米Metro-Goldwyn-Mayer(MGM)Studios社の買収を決めた。同月21日には,ソニー・コンピュータエンタテインメントの次世代プレイステーションが再生専用Blu-ray Disc媒体「BD-ROM」を採用すると発表した。対する東芝は11月29日に緊急記者会見を開催。ハリウッドの大手映画スタジオの米Paramount Pictures社,米Universal Pictures社,米Warner Bros. Studios社,米New Line Cinema社が,「HD DVD」への支持を表明したことを明らかにする。12月9日には,米The Walt Disney Companyが,Blu-ray Disc向けにコンテンツを供給すると表明した。それぞれの陣営についた映画会社の市場シェアは拮抗しており,両者はがっぷり四つに組んだ格好だった。

次世代DVD・戦いの軌跡 報道特設サイトに戻る

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月



* Tech-On!ではこれまで,次世代DVDに関する動きを詳細に報道してきました。関連記事は500本以上にも上ります。2002年から各年ごとに分けて動きをまとめるとともに,それらの関連記事へのリンクを集めました。本記事はその2004年版です。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング