クルマ 自動車の最新技術を追う
 

トヨタの「LS」、ハイビーム自動遮光の「AHS」や後側方車検知の「BSM」など安全装備を充実

狩集 浩志=日経エレクトロニクス
2012/10/11 20:49
印刷用ページ
プリクラッシュセーフティシステムの構成
プリクラッシュセーフティシステムの構成
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ステレオ・カメラや光検知用カメラなどを搭載
ステレオ・カメラや光検知用カメラなどを搭載
[クリックすると拡大した画像が開きます]
外装灯はすべてLEDを採用
外装灯はすべてLEDを採用
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ドアミラーにあるインジケータ
ドアミラーにあるインジケータ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 トヨタ自動車が2012年10月11日に発表した「Lexus LS」には、運転時の安全性を向上させる装備として、ステレオ・カメラとミリ波レーダを組み合わせた「プリクラッシュセーフティシステム」をはじめ、ハイビームで走行しても自動遮光する「AHS(アダプティブハイビームシステム)」や、後方車の存在を知らせる「BSM(ブラインドスポットモニター)」、夜間の歩行者を検知できる「ナイトビュー」などを多数搭載している(Tech-On!関連記事)。

 プリクラッシュセーフティシステムは現行車と同じ構成だが、対象物との相対速度40km/h以下であれば、停止まで可能な自動ブレーキを新たに装備した。AHSは、先行車のテールランプや対向車のヘッドランプをインナーミラーの前に設置した光検知用カメラで認識し、配光可変型ヘッドランプAFSの機能を使って光軸を変えることで、先行者や対向車に直接ハイビームを当てないようにする。なお、今回のLSでは、ヘッドランプをはじめ、フォグランプ、テールランプなどの外装灯はすべてLEDにしている。

 BSMは、リアバンパー内に24GHz帯のミリ波レーダを2個搭載し、車線変更時などに後側方を走行する車両の存在をドアミラーのインジケータを点滅させて運転者に知らせる。ミリ波レーダのシステムはドイツContinental社のものを採用したという。

【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング