• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEクルマ新車レポートレクサスLS > トヨタの「LS」、ハイビーム自動遮光の「AHS」や後側方車検知の「BSM」など安全装備を充実

レクサスLS

トヨタの「LS」、ハイビーム自動遮光の「AHS」や後側方車検知の「BSM」など安全装備を充実

  • 狩集 浩志=日経エレクトロニクス
  • 2012/10/11 20:49
  • 1/1ページ
プリクラッシュセーフティシステムの構成
プリクラッシュセーフティシステムの構成
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ステレオ・カメラや光検知用カメラなどを搭載
ステレオ・カメラや光検知用カメラなどを搭載
[クリックすると拡大した画像が開きます]
外装灯はすべてLEDを採用
外装灯はすべてLEDを採用
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ドアミラーにあるインジケータ
ドアミラーにあるインジケータ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 トヨタ自動車が2012年10月11日に発表した「Lexus LS」には、運転時の安全性を向上させる装備として、ステレオ・カメラとミリ波レーダを組み合わせた「プリクラッシュセーフティシステム」をはじめ、ハイビームで走行しても自動遮光する「AHS(アダプティブハイビームシステム)」や、後方車の存在を知らせる「BSM(ブラインドスポットモニター)」、夜間の歩行者を検知できる「ナイトビュー」などを多数搭載している(Tech-On!関連記事)。

 プリクラッシュセーフティシステムは現行車と同じ構成だが、対象物との相対速度40km/h以下であれば、停止まで可能な自動ブレーキを新たに装備した。AHSは、先行車のテールランプや対向車のヘッドランプをインナーミラーの前に設置した光検知用カメラで認識し、配光可変型ヘッドランプAFSの機能を使って光軸を変えることで、先行者や対向車に直接ハイビームを当てないようにする。なお、今回のLSでは、ヘッドランプをはじめ、フォグランプ、テールランプなどの外装灯はすべてLEDにしている。

 BSMは、リアバンパー内に24GHz帯のミリ波レーダを2個搭載し、車線変更時などに後側方を走行する車両の存在をドアミラーのインジケータを点滅させて運転者に知らせる。ミリ波レーダのシステムはドイツContinental社のものを採用したという。

【技術者塾】(5/18開催)
エンジンのプロが教える 自動車エンジンの基礎・最新技術・将来

~高圧縮比化や可変圧縮比化、リーンバーン、HCCI、ヒートマネージメントなどについても解説~


トヨタ自動車で長年エンジンの設計開発を手掛けた講師が、エンジン技術を基本から解説します。その上で、地球温暖化/エネルギー・セキュリティーなどの点から考慮すべき技術課題を整理。エンジンの最新技術や、将来の動力源の技術動向、棲み分けについて解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月18日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ