技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

第36回 早期退職はなぜ起きる

上野 香織=就職塾向日葵 代表取締役
2012/01/16 00:00
印刷用ページ

新人を採用して、3年以内に辞められるとその損失は、一人当たりおよそ300万円、といわれて企業の人事採用担当をしてきました。採用の告知、面接、入社後の研修にかけた費用、戦力にならなかった時期の月給、退職者の補充にかかる費用も含まれるのだと、そう教わりました。

企業にとって、明確な損失であるはずの入社後3年以内の早期離職は、なぜ起きるのでしょうか。

何も見えないから「とりあえず3年」って決めていた

「なぜ大卒の3割が3年で辞めるのか」というテーマで、学生と話あった時、興味深い話を聞くことができました。それは

「とりあえず3年働いた」

という意見でした。今までは、小学、中学、高校、大学と、6年-3年-3年-4年という区切りの中で学んできました。1年経てば教室もクラスも変わり、3年経てば学び舎も変わることが決められていました。区切りに何が起こるのかを理解しているので、それまでの日々を過ごすことができました。それが、会社に入ると、今日やる仕事と明日やる仕事も変わる、異動で、仕事も勤務地もいつ、何がどうなるか、予測がつきません。だから、

「とりあえず3年はやってみよう」

と自分で区切りを決めることによって、会社環境に順応しようとしているのだ、というのです。つまり

6-3-3-4-会社38年間

ではあまりに先が見えないという言い分なのです。

確かに、新人の間は様々な感情が日々交錯します。採用選考を勝ち抜いたという「選ばれた自信」をもって入社します。認められたい、何かしたいという情熱や期待を持って仕事をする中で、自分の価値を見いだし、小さな成功をして褒められて自信をつけ、高い目標を掲げて向上のスパイラルをつくれることが理想です。

[画像のクリックで拡大表示]

一方で、緊張、不安、挫折から小さな失敗、焦り、逃避、自己卑下と、自信を喪失していくと負のスパイラルに落ちていってしまいます。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング