• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント就職活動は怖くない > 第36回 早期退職はなぜ起きる

就職活動は怖くない

第36回 早期退職はなぜ起きる

  • 上野 香織=就職塾向日葵 代表取締役
  • 2012/01/16 00:00
  • 1/5ページ

新人を採用して、3年以内に辞められるとその損失は、一人当たりおよそ300万円、といわれて企業の人事採用担当をしてきました。採用の告知、面接、入社後の研修にかけた費用、戦力にならなかった時期の月給、退職者の補充にかかる費用も含まれるのだと、そう教わりました。

企業にとって、明確な損失であるはずの入社後3年以内の早期離職は、なぜ起きるのでしょうか。

何も見えないから「とりあえず3年」って決めていた

「なぜ大卒の3割が3年で辞めるのか」というテーマで、学生と話あった時、興味深い話を聞くことができました。それは

「とりあえず3年働いた」

という意見でした。今までは、小学、中学、高校、大学と、6年-3年-3年-4年という区切りの中で学んできました。1年経てば教室もクラスも変わり、3年経てば学び舎も変わることが決められていました。区切りに何が起こるのかを理解しているので、それまでの日々を過ごすことができました。それが、会社に入ると、今日やる仕事と明日やる仕事も変わる、異動で、仕事も勤務地もいつ、何がどうなるか、予測がつきません。だから、

「とりあえず3年はやってみよう」

と自分で区切りを決めることによって、会社環境に順応しようとしているのだ、というのです。つまり

6-3-3-4-会社38年間

ではあまりに先が見えないという言い分なのです。

確かに、新人の間は様々な感情が日々交錯します。採用選考を勝ち抜いたという「選ばれた自信」をもって入社します。認められたい、何かしたいという情熱や期待を持って仕事をする中で、自分の価値を見いだし、小さな成功をして褒められて自信をつけ、高い目標を掲げて向上のスパイラルをつくれることが理想です。

[画像のクリックで拡大表示]

一方で、緊張、不安、挫折から小さな失敗、焦り、逃避、自己卑下と、自信を喪失していくと負のスパイラルに落ちていってしまいます。

【技術者塾】(7/11開催)
高収益への転換のカギ「品質コストマネジメント」

最小のコストで最大の品質を実現し、利益を生む品質管理への変革を成し遂げる


「品質コスト」は、統合的品質管理(TQC)や総合的品質管理(TQM)と同様に、製造業の成否を占う重要な手法として誕生しましたが、日本では注目されてきませんでした。本講座では、日本企業の組織風土に適した品質コストマネジメントを、豊富な事例とともに適否演習を活用しつつきめ細かく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月11日
会場 : 日本科学技術連盟 東高円寺ビル
主催 : 日経ものづくり、日本科学技術連盟

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓