技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

第30回 プログラマーの資格はとりました

上野 香織=就職塾向日葵 代表取締役
2011/12/05 00:00
印刷用ページ

学校推薦で2社落ちたんです

Yさんは理工系大学の情報システム系学科に所属する学部生です。ややおとなしい印象ですが、眼鏡をずりあげるしぐさは、見るからに真面目そうです。中学、高校まではサッカーをやっていたのですが、大学に入ってからはアルバイトもサークルにも所属していないそうです。学校推薦で大手通信系の会社を2社受験したのですが、あっけなく一次面接で不合格になってしまいました。

理工系大学なら就職は苦労しないから、と大学受験の時に言われていた両親は、うちの子は大丈夫と高をくくり、すっかり安心しきっていました。それなのに、学校推薦で落ちるなんて。しかも、2社も。3社目の学校推薦の面接を控え、心配でたまらなくなった両親が就職塾向日葵の門を叩いたのでした。

本人は、大学では情報システムを専攻し、基本情報技術者試験の資格も取得していたのに、なぜ不合格になったのか、よくわからない、といいます。プログラマーの資格は取ったのになぜなれないのですか、とYさんは人生初の挫折をまだ受け止められないでいます。

プログラマーは資格であって資格でない

[画像のクリックで拡大表示]

プログラマーほど、資格がたくさん存在する職業はありません。でも、資格があればなれるというものでもありません。

最近では文系学生のプログラマー志望歓迎、という会社も増えてきました。入社後の研修を経て、小さなプログラム修正から、大きなプログラムづくりへと、経験を重ねスキルをあげていきます。経験を積むと、プログラムを担当するプログラマーから、システム全体を構築するシステムエンジニアへと成長していくことになります。

もちろん、資格を取得したという向上心は認めますが、入社後の研修に自信を持っている企業にとっては、資格はあくまで、スキルを表す指標です。一緒に働けるか、とは別問題なのです。

Yさん、ひまわりさんの勘なんだけど、もしかして、面接で、勉強や資格のことより、「人づきあいは大丈夫か」とか「ストレス」について聞かれたりしなかった?

「はい、すごい聞かれました。」

なんて答えたの?

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング