COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

第6回・工作機械業界のこれから

小山 宏=技術ジャーナリスト
2010/12/15 00:00
印刷用ページ
 日本の工作機械産業は,27年間守り続けてきた生産金額世界第一位の座を,2009年に中国に明け渡し,さらにはドイツにも抜かれて第3位となった。これはリーマン・ショックからの回復が遅れたためであり,工作機械の技術,信用が下落したというわけではない。しかしリーマン・ショックを境に世界の状況は大きく変わった。新しい市場の登場,市場の要求の多様化,新興勢力の台頭など,日本の工作機械産業を取り巻く環境はめまぐるしく変化している。ここでは,これから日本の工作機械産業が進むべき道を考える。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング