• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

  • IT界の重鎮が「やりたくなかった」医療に飛び込んだワケ インタビュー IT界の重鎮が「やりたくなかった」医療に飛び込んだワケ 宇陀 栄次氏 フォー・ユー・ライフケア 代表取締役兼CEO、ユニファイド・サービス 代表取締役会長兼CEO クラウドサービス大手の米Salesforce.com社の日本法人社長を長く務めた、IT業界のベテラン。そんな人物が今、ヘルスケアベンチャーを立ち上げ、医療従事者の働き方改革をITで支えるサービスに挑んでいる。 [2017年07月26日]
  • 長期入院中の子どもに「授業」を届ける コラム 日経デジタルヘルスの「Editors' Voice」 長期入院中の子どもに「授業」を届ける IT(情報技術)を駆使して、長期入院している子どもに「授業」や「自然」を届ける──。そんなユニークな活動をしている人たちがいると聞き、会いに行った。 [2017年07月26日]
  • キヤノンと東芝メディカル、AI活用で相乗効果 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 キヤノンと東芝メディカル、AI活用で相乗効果 2016年12月にキヤノンの子会社となった東芝メディカルシステムズは、「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)にキヤノングループとして出展。キヤノンおよびキヤノンマーケティングジャパンと共同でブースを構えた。 [2017年07月26日]
  • 医療者用チャット、通話音声を“AIが投稿” 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 医療者用チャット、通話音声を“AIが投稿” シェアメディカル、「メディライン」で新サービス シェアメディカルは、2017年4月に提供を開始した医療従事者用チャットサービス「メディライン」を「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)に出展し、通話音声による投稿などの新サービスを紹介した。 [2017年07月25日]
  • ワイズマンの医介連携サービス、富士通の地域医療連携ネットワークと連携 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 ワイズマンの医介連携サービス、富士通の地域医療連携ネットワークと連携 ワイズマンは、同社の医療・介護連携サービス「MeLL+ Professional」に富士通の地域医療ネットワーク「HumanBridge EHRソリューション」と連携する機能を追加、「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)で初披露した。主に在宅医療・介護の多職種で共有する患者・利用者のデータやコメントを、地域医療連携ネットワークを利用する病院などとやり... [2017年07月24日]
  • “AIと自動運転の雄”が医療へ、NVIDIAに聞く 特集・解説 デジタルヘルス事例 “AIと自動運転の雄”が医療へ、NVIDIAに聞く かつてはゲーム機向けGPU(画像処理プロセッサー)のメーカーとして知られ、最近はAI(人工知能)や自動運転、ハイパフォーマンスコンピューティングなどの分野でも高い存在感を放っている米国半導体メーカー、NVIDIA社。医療にAIを活用しようという機運が高まる中、同社はこれを追い風と捉え、医療分野の開拓に本腰を入れている。 [2017年07月24日]
  • 患者が納得する補綴歯科治療をシミュレート、イエス ウイ キャン 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 患者が納得する補綴歯科治療をシミュレート、イエス ウイ キャン FileMaker Cloudでの提供も計画 ブリッジやインプラントなど人工の歯で補う補綴(ほてつ)歯科にとって重要な点は、患者が満足する治療を受けたと実感できるよう、事前に十分な説明がなされること。実際、インフォームドコンセントが不十分だったために、治療後の審美に不満を持つ患者は多いという。こうしたリスクをなくすため開発されたのが、歯科見積・補綴説明システムの「OwlView」(アウルビュー)である。 [2017年07月24日]
  • 厚労省ガイドライン対応のセキュリティー対策、アライドテレシス 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 厚労省ガイドライン対応のセキュリティー対策、アライドテレシス アライドテレシスは、厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に対応した対策を可能にするソリューションを「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)に出展した。同社のSDN(Software Defined Network)/OpenFlowコントローラーとセキュリティーアプリケーションベンダーの製品を連携したものである。 [2017年07月24日]
  • 東芝メディカル、医師支援“コックピット”を年内発売 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 東芝メディカル、医師支援“コックピット”を年内発売 VNAに統合したデータから、意思決定のための情報提示 治療とその効果、各時点の検査画像やバイタルデータを臨床上の目的に応じたさまざまなパターンで表示し、臨床医の意思決定を支援する――。東芝メディカルシステムズは、そんな機能を備えた医療情報統合ビューワー「Augmented Clinical Cockpit」を2017年内に発売する。医療機器やPACS、電子カルテなどのベンダーに依存せず患者ごとの情報を統合的に管理できる「ベンダー・ニュートラル・データ... [2017年07月24日]
  • AIで暴力リスク指標化も、レスコが精神科向けクラウド電カル 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 AIで暴力リスク指標化も、レスコが精神科向けクラウド電カル 精神科医療に特化したシステムを提供しているレスコ(本店:広島市、旧ベータソフト)は、精神科向けクラウド型電子カルテ「Warokuクリニックカルテ」を「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)に展示した。2017年6月にファーストユーザーが本稼動し、同7月に正式リリースしたばかりの製品で、2018年春までに精神科デイケア、Web予約機能、患者用アプリ、訪問... [2017年07月21日]
  • シュナイダー、病院情報システムのUPS集約ソリューションを展示 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 シュナイダー、病院情報システムのUPS集約ソリューションを展示 シュナイダーエレクトリックは、無停電電源装置(UPS)を集約したモジュール型UPSの「Symmetra」シリーズを「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)に展示。病院情報システムの小型UPSを集約することによって、定格容量のムダをなくすことによる消費電力の削減、運用管理負担の軽減をアピールした。 [2017年07月21日]
  • 厚労省新通知への対応をうたう遠隔診療サービスが登場 ニュース 厚労省新通知への対応をうたう遠隔診療サービスが登場 シェアメディカル、医療者用SNS「メディライン」を活用 シェアメディカル(東京都千代田区)は2017年7月19日、医療従事者用チャットサービス「メディライン」を遠隔診療にも利用できるようにしたと発表した。厚生労働省が2017年7月14日付で発出した遠隔診療に関する新たな通知(医政発0714第4号)を満たす機能を実装したとしている。 [2017年07月21日]
  • 外来受付から診察室呼び込み、会計までをスマホで 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 外来受付から診察室呼び込み、会計までをスマホで 島津エス・ディーの「Smart MERSYS」 島津エス・ディーは、病院向け外来システム「MERSYS(メルシス)」シリーズの次世代版として、外来受付から診察室案内、診察室呼び込み、会計までをスマートフォンで完結できる「Smart MERSYS」を「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)に参考出展した。実用可能なシステムを1~2年以内に開発することを目指す。 [2017年07月20日]
  • 厚労省が遠隔診療で新通知、2015年の事務連絡との違いは何か ニュース 厚労省が遠隔診療で新通知、2015年の事務連絡との違いは何か 禁煙外来は遠隔完結可能、電子メールやSNSも利用可能と明示 厚生労働省は「情報通信機器を用いた診療(いわゆる「遠隔診療」について)」と題する2017年7月14日付の通知(医政発0714第4号)を、医政局長名で各都道府県知事宛に発出した。遠隔診療だけで完結する禁煙外来や、遠隔診療における電子メールやソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の利用が可能であることを明確化した。 [2017年07月19日]
  • 日立、機能を強化した中小医療機関向け電子カルテ 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 日立、機能を強化した中小医療機関向け電子カルテ 医療分析ソリューション、病院・介護連携ソリューションを実装 日立製作所は、中小規模医療機関向け電子カルテ「Open-Karte」シリーズを、「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)に展示した。回復期リハビリテーション病棟を持つ施設向けに、リハビリテーション実績指数のテンプレートなどの医療分析ソリューションを同年7月12日より提供開始、同年10月には病院・介護連携ソリューションを追加提供する。 [2017年07月18日]
  • あの「かざすだけ」のバイタル記録、カート搭載型に 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 あの「かざすだけ」のバイタル記録、カート搭載型に 島津エス・ディーの「バイタルデータターミナル」 島津エス・ディーは、看護師のバイタルデータ入力業務を効率化するナースカート搭載型の「バイタルデータターミナル NC」を「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)に展示した。患者の体温や血圧、脈拍、酸素飽和度、血糖値などをNFC対応機器で測定後、機器をかざすだけで測定データを自動的に取り込める。 [2017年07月14日]
  • 訪問医療・介護の記録共有を音声認識で、アドバンスト・メディア 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 訪問医療・介護の記録共有を音声認識で、アドバンスト・メディア アドバンスト・メディアは、音声認識を活用した記録の作成・管理・共有のツールを「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)で参考出展した。訪問医療や訪問介護に向ける。 [2017年07月14日]
  • 急性期の致命的な合併症をAIで予測、NTTデータなど 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 急性期の致命的な合併症をAIで予測、NTTデータなど NTTデータは、急性期の患者のバイタルデータなどから、AI(人工知能)を用いて致命的な合併症の発症を事前に予測するシステムを開発し、「ICU(集中治療室)向けスマートアラートソリューション」として「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)に出展した。スペインVirgen del Rocio大学病院と共同開発したもので、同病院に試験導入し2017年初頭から... [2017年07月14日]
  • ロボットが電カルと連携して外来患者を案内、富士通グループ 展示会・学会速報 国際モダンホスピタルショウ2017 ロボットが電カルと連携して外来患者を案内、富士通グループ 富士通グループは、ロボットを電子カルテと連携させ、外来患者を案内させるソリューションを「国際モダンホスピタルショウ2017」(2017年7月12~14日、東京ビッグサイト)に出展した。 [2017年07月13日]
  • 遠隔診療でかかりつけ医機能は強化できるのか 特集・解説 デジタルヘルス・インサイド 遠隔診療でかかりつけ医機能は強化できるのか 福岡市でオンライン診療の実証事業がスタート 地方自治体と地元医師会、医療機関、企業がタッグを組み、ICT(情報通信技術)を活用した新しい医療のカタチを探る試みが、福岡市を舞台に始まった。オンラインでの問診や診察、モニタリングを組み合わせ、診療の質を高めることを目指す。2018年度診療報酬改定をにらみ、オンライン診療(遠隔診療、ネット診療)の有効性や安全性に関するエビデンスをつくる取り組みでもある。 [2017年07月12日]
  • 広告規制見直しなどを盛り込んだ改正医療法が成立 特集・解説 医療・介護の経営情報誌 日経ヘルスケアから 広告規制見直しなどを盛り込んだ改正医療法が成立 医療機関のサイトの虚偽表示を規制、持ち分なし医療法人への移行促進策を延長 2017年6月7日、改正医療法が参議院本会議で可決され成立した。医療機関のウェブサイトなどにおける虚偽・誇大表示の規制のほか、「持ち分あり」から「持ち分なし」医療法人への移行促進策の延長などが盛り込まれている。 [2017年07月12日]
  • 国がんとNECが内視鏡診断にAI、正診率は98.8% ニュース 国がんとNECが内視鏡診断にAI、正診率は98.8% 大腸ポリープ見逃さず 国立がん研究センターとNECは2017年7月10日、人工知能(AI)を活用したリアルタイム内視鏡診断支援システムを開発したと発表した。大腸内視鏡検査において、がんや前がん病変(ポリープ)の発見をAIがリアルタイムに支援する。感度98%、特異度99%での検出を実証しており、薬事承認申請に向けた臨床試験を2019年度に開始することを目指す。 [2017年07月11日]
  • 遠隔診療は今、すごくいい時期を迎えている インタビュー 遠隔診療は今、すごくいい時期を迎えている 武藤真祐氏 医療法人社団鉄祐会 理事長 「対面診療とオンラインでの遠隔診療を組み合わせた新しい医療を、次の診療報酬改定でしっかり評価する」。安倍首相がそう発言して話題を呼んだ、2017年4月14日の第7回未来投資会議。この場で、ICTを活用した次世代医療のあり方を提言し、次期診療報酬改定での遠隔診療の評価に向けた大きな流れをつくったのが、医療法人社団鉄祐会理事長でインテグリティ・ヘルスケア代表取締役会長の武藤真祐氏である。 [2017年07月10日]
  • 皮膚内部の血管網の3次元位置を非侵襲で画像化 特集・解説 デジタルヘルス事例 皮膚内部の血管網の3次元位置を非侵襲で画像化 アドバンテスト、「光超音波×超音波イメージング」で実現 アドバンテストは、皮膚内部にある血管網の3次元位置を非侵襲で画像化する技術を開発した。2年以内の実用化を目指すという。第16回 バイオ・ライフサイエンス研究展「BIO tech2017」(2017年6月28~30日、東京ビッグサイト)に参考出展した。 [2017年07月06日]
  • ここまで来た、「超ビッグデータ」で予見医療 特集・解説 デジタルヘルス・レポート ここまで来た、「超ビッグデータ」で予見医療 ImPACTプログラムの進捗、シンポジウムで公開 個人の生体情報やレセプトなどの公的医療データをこれまでとはケタ違いの規模で収集・解析し、その時系列の変化や地域性を明らかにすることで、予見・先取型で持続可能な医療を実現する――。そんな目標を掲げ、2016年度に始まった国家プロジェクトの具体的な成果が見えてきた。日常の生体・環境情報をIoT(Internet of Things)の仕組みで収集し、クラウドで高速に解析する基盤が整いつつあり、地域にお... [2017年07月05日]

お薦めトピック

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング