日経エレクトロニクス 2017年5月号

すべてを見通すカメラ第2部:技術動向

測距、多波長化、高速化…超知性に向けた開発が加速

  • 根津 禎、三宅 常之
  • 2017/04/19 00:00

出典:日経エレクトロニクス、2017年5月号、pp.38-53(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

カメラやイメージセンサーの仕様・性能の基準が、人の眼に捉われなくなり、多様な方向に進化する動きが具体化してきた。市場と技術で先頭を走るソニーなどが、CMOSイメージセンサーに測距機能を追加する技術、波長別に撮像する技術、1000フレーム/秒の高速撮像を実現する技術などを開発中だ。光学部品をなくすレンズレス技術の開発も始まった。