JEITA通信 日本の電子情報産業、今そして未来

成長する医療機器用電子部品と信頼性技術、参入に向け知っておくべきこと

  • 電子情報技術産業協会(JEITA) 電子部品部会 信頼性技術強化WG
  • 2017/03/06 05:00
電子部品は広範な最終製品/設備に搭載され、機能的進化を支えています。さまざまな医療機器にも組み込まれており、それらの高機能化・小型化など多面的な貢献を果たしています。 例えば、口から飲み込んで消化管を観察する“カプセル型内視鏡”は、撮影した画像を体外へ送信するために、各種電子部品を要する小型カメラや小型の通信機能を搭載しています。また、検査したいところを確実に捉えるための位置や向きの制御機能、電源の長時間化に対応するワイヤレス電力伝送など、さらなる高度化のための技術開発が進められており、今後の展開においても日本の信頼性の高い電子部品やモジュールが担う役割は少なくないと思われます。