テクノロジーNEXT 2017

Amazon大研究

Amazon Echoに代表されるAmazon印のIoT機器および、それを支えるシステムを徹底分析します。さらに、Amazon.com社がなぜ、音声認識技術に取り組み、何を狙うのかについて、同社のビジネスの核である流通戦略、特許分析を通して明らかにしていきます。

『自動車×AI』

来るべき「クルマ×AI」時代に、ITや自動車の業界地図はどう塗り替わるのか、新時代のスマイルカーブで勝ち組となるのはどこか。IT業界や自動車業界などから専門家を招き、独自の視点で解き明かす。

『医療×AI』

人工知能(AI)の進化が、医療のあり方を大きく変えようとしています。制度面からも、AIを医療現場で活用するための環境が整えられつつあります。本セミナーでは、臨床現場でAIの活用を始めた医師、未来投資会議のメンバー、海外の医療AI事情に詳しい研究者などが登壇し、AIが医療にもたらす未来、そして“医師とAIはいかに共存していくのか”を議論します。

i-Construction

建設×ICTが生み出す新しい200兆円市場とは?インフラの新設、維持管理、大手、中小、複数の切り口から新しいビジネスの姿を展望。i-Constructionの最新政策動向を政策責任者が語り、ロボット、AIの第一人者と現場技術開発者の対談により、技術の最先端、可能性、課題を提示する。

LiDAR

自動運転、ロボット、AR、土木、農業などの産業構造を一変させる。このようなポテンシャルを持つ技術「LiDAR」が、IoT時代のキーテクノロジーとして注目を集めている。LiDARの次世代技術の動きと、市場/産業の広がりを展望する。

開催概要

ある技術や製品の登場が、それまで見えていた光景をガラッと変えてしまうことがあります。
インターネット、スマホがそれに相当することは、今になってみれば理解できます。では次の注目技術、光景を変えてしまう技術は何でしょう。「RPA」「i-Construction」「ブロックチェーン」・・・・・候補はすでに登場しています。

 事業の在り方を根底から覆そうとする明日のテクノロジーの代表例を見てみましょう。
  ・巨大産業の建築現場がICT・電機・製造を飲み込む「i-Construction」
  ・人と機械のコミュニケーションを進化させる「音声認識」「AR」「VR」

 産業界を“ディスラプト”し始めている技術も増えています。
  ・医療・自動車の世界を大きく変えはじめた「人工知能」
  ・産業廃棄物の業界で画期的な成果を上げている「ディープラーニング」
  ・自動車・土木・農業に浸透する「LiDAR」

次々と登場する技術は、一つの業界の枠組みでとらえていると、重要性を見誤ります。
「クロスインダストリー」という考え方、そこから導かれる「産業の再定義」が必要と私たちは考えます。このような趣旨から、日経BP社の技術系メディア、研究所が総力を挙げて「テクノロジーNEXT」を開催します。皆様にとって次世代を創る起点になれば幸いです。

日経BP総研 所長 望月洋介
名 称
テクノロジーNEXT 2017
開催日
2017年6月14日(水)~16日(金)
会 場
ベルサール九段(東京・九段下)
受講料(1セッション)
49,800円(税込)
主催
日経BP総研
協力
日経エレクトロニクス、日経ものづくり、日経Automotive、日経コンピュータ、日経コンストラクション、日経アーキテクチュア、日経メディカル、日経バイオテク、日経テクノロジーオンライン、ITpro、日経メディカルオンライン、日経デジタルヘルス

テクノロジーNEXT 2017
2017年6月14日(水)-16日(金)

  • 日経BP総合研究所

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経コンピュータ
  • 日経コンストラクション
  • 日経アーキテクチュア
  • 日経メディカル
  • 日経バイオテク
  • 日経テクノロジーオンライン
  • ITpro
  • 日経メディカルオンライン
  • 日経デジタルヘルス