スポーツ×テクノロジー

米スポーツ界が熱視線 能力発揮やケガ予防に「睡眠科学」 [2018年01月22日]

選手の疲労回復やコンディションの向上のために「睡眠科学」を導入することが、米国のスポーツ界で注目のトレンドとなっている。この分野の先駆者とも言えるのがMLBのボストン・レッドソックスだ。2013年から...

富士通、「なわとびIoT」で子供の運動能力育成支援 [2018年01月18日]

富士通は、なわとび運動において普段意識しないリズムやバランスなどの運動能力を、センサーとクラウド上のデータ分析によって可視化し、児童の運動能力育成を支援するサービスの提供を2017年12月21日に開始...

ベンチャー発「電子チケット」、イベントで採用続々のワケ [2018年01月15日]

「電子チケット後進国」と言われる日本で、2017年6月の設立ながらスポーツイベントでの採用を急速に増やしているベンチャー企業がある。電子チケット発券サービス「Quick Ticket」を展開するpla...

「レスターの奇跡」陰の立役者に学ぶ“賢い技術投資” [2018年01月09日]

 世界最高峰レベルのサッカーリーグであるイングランド・プレミアリーグ。2015~2016年シーズン、岡崎慎司選手が所属するレスター・シティFCが周囲の予想を覆して優勝するという快進撃を起こしたことは記...

ボクシングのダメージ、カメラとAIで可視化 MLB発の変革 [2017年12月22日]

いまやトラッキングデータの活用は、多くのスポーツにおいてなくてはならないものになってきている。例えば米MLBでは、「STATCAST(スタットキャスト)」というトラッキングシステムを活用して非常に多く...

ITで「戦い方改革」 卓球・石川選手がつかんだ“新兵器” [2017年12月15日]

「新しい武器ができた」。卓球女子で世界ランキング4位(2017年11月時点)の石川佳純選手は、ITを活用した「戦い方改革」に挑む。プレーをリアルタイムに可視化し、トレーニングや戦術構築に活用する。「対...

1年で会員100万人突破 DAZN幹部が語る急成長の秘密 [2017年12月08日]

「DAZN(ダ・ゾーン)」。この名前を聞いたことがない人は、もはやほとんどいないだろう。サッカーJリーグと「2017年シーズンから10年間で総額2100億円」という巨額の放映権契約を締結し、世間をあっ...

五輪最高位スポンサーIntel、スポーツで技術力アピール [2017年12月06日]

2018年2月、冬季五輪が開催される韓国・平昌(ピョンチャン)でもう一つの国際大会「Intel Extreme Masters」が開かれる。米Intel(インテル)社がeスポーツ大会の運営団体ESL(...

選手と同じ「場」疑似体験 自由視点でスポーツの魅力向上 [2017年11月30日]

2017年11月4日、ラグビー日本代表が世界の強豪であるオーストラリア代表を日産スタジアム(横浜市)に迎えた“歴史的”な一戦。そこで、とある実証実験が行われていたことに気づいた人は少ないだろう。キヤノ...

「飛距離アップ」実現へ カシオ、スイング分析センサー [2017年11月28日]

カシオ計算機は、スイング時の腰の動きと回転スピードを計測するゴルフ用ウエアラブルセンサー「HIP SPEEDER CMT-S10GSET」を2017年12月15日に発売する。

日経テクノロジーオンラインSpecial