スポーツ×ビジネス

ハリケーンにトランプ、NFL襲う「視聴率低迷」の荒波 [2017年10月13日]

今シーズンの総収益は140億ドルにも達するとも見られている、世界最高峰の売り上げを誇るスポーツリーグの米プロアメリカンフットボールNFL。2018年2月4日の「第52回スーパーボウル」に向けて17週に...

ボールトラッキングに6秒CM・・・NFL繰り出す新機軸 [2017年10月02日]

世界最大の売り上げを誇るプロスポーツリーグが、今年も幕を開けた。2017年9月7日、米プロアメリカンフットボールNFLのシーズンが始まった。2018年2月4日に開催予定の「第52回スーパーボウル」に向...

Bリーグ、データ活用と権益統合で新たなプロスポーツ組織に [2017年09月29日]

Bリーグは「デジタルマーケティングの徹底推進」と「代表、リーグ、クラブの権益の統合」という2つの事業方針を打ち立てました。デジタルマーケティングを推進してデータを集め、“スーパーデータベース”を作るこ...

700万観戦予備軍つかめ、Bリーグのマーケティング戦略 [2017年09月27日]

2016年9月に開幕し、大盛況のうちに1年目のシーズンを終えた男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」。Bリーグは、どのような事業戦略で成功を勝ち取ったのか。そして2年目以降のシ...

ITの積極活用が、バスケを見る人・する人を増やす理由 [2017年09月25日]

9月29日に2年目のシーズンが開幕するBリーグ。「設計図」を描いた中心人物の1人が葦原一正氏だ。その取り組みの中でも、リーグのデジタルマーケティング戦略を担う企業「B.MARKETING(Bマーケティ...

常に時代を先取りしたい、それがBリーグの存在理由 [2017年09月21日]

9月29日にBリーグ2年目の2017-18シーズンが開幕。リーグの頭脳的な存在がいる。葦原一正氏、リーグの事務局長であり理事の1人だ。2年目の新しい歩みをどのように進めようとしているのか。

eスポーツ牽引するスマホゲーム、対戦にユーザーが覚醒? [2017年09月14日]

コンピューターゲームをプレーする腕を競う「eスポーツ」。ゲームのプロ選手が多額の賞金を掛けて戦い、その様子をイベントや動画配信で観戦する。海外では賞金総額が30億円近い大会も開かれるほど人気のある新し...

サイネージ効果実感、大分トリニータ「スタジアム改革」 [2017年09月12日]

IT(情報技術)を導入してこれまでにないサービスを提供し、顧客体験の向上と収益増加を目指す――。国内で「スタジアム・アリーナ改革」の機運が高まるなか、2017年9月2日に開催されたJリーグ・大分トリニ...

老朽化する“箱”よりIT スタジアム収益化の要諦 [2017年09月06日]

日本のスタジアム・アリーナには収益化の大きな可能性がある――。これまで世界約300カ所のスタジアム・アリーナへのIT導入・運営を手掛けてきた米シスコシステムズ社が、国内市場の開拓に本腰を入れている。

「見る」から「体験」への大転換で儲かるスタジアムへ [2017年09月04日]

「スタジアム・アリーナ改革」。2025年にスポーツ産業の市場規模を現状の約3倍の15.2兆円に拡大することを目指すスポーツ庁が、今、最も成長を期待している分野である。現状、国内のスタジアムやアリーナは...

日経テクノロジーオンラインSpecial