特集一覧

スポーツ×IT、アート・・他産業との融合に拡大の商機あり [2017年03月21日]

2017年4月1日よりスタートする「第2期スポーツ基本計画」が目指す、「一億総スポーツ社会」が実現することでどのような効果があるのか、実現のために取り組むべきことは何か――。鈴木大地スポーツ庁長官が語...

ニッポンの健康向上 「一億総スポーツ社会」で実現へ [2017年03月17日]

2017年3月1日にスポーツ庁長官の諮問機関であるスポーツ審議会から鈴木大地長官に答申された「第2期スポーツ基本計画」。ここでは、スポーツ参画人口を拡大することによって「一億総スポーツ社会」を実現する...

日本柔道、劇的復活の舞台裏 データ活用で世界に勝つ [2017年03月14日]

「日本柔道界には、非常に強い固定観念があった。まずはそれを壊し、その上で今の時代や柔道の本質を考え、何をやるべきか決める必要があった」――。日本柔道界の“非常事態”とも言えるロンドン五輪での惨敗から4...

ラグビーで鍛え製造業へ 東芝、画像・音声解析AIの挑戦 [2017年03月13日]

1チーム15人、計30人もの選手がフィールドを激しく動き回り、体をぶつけ合う。しかも、すぐに密集ができて選手の姿勢もさまざま――。画像認識の対象として難易度が高いラグビーをあえて題材にし、自社技術を鍛...

「0.1秒短縮で1億円」 古田敦也が見抜いた本質 [2017年03月10日]

「野球の指導者は、野球がうまい人でないとなれないのか。そんなことはない。目の付け所さえ分かっていれば、誰にでもなれる可能性がある」――。

スポーツ立国実現のカギ握る「スポーツ×街づくり」 [2017年03月09日]

今後数年間、日本で開催が相次ぐ世界的なスポーツ大会。ビッグイベントをビジネスチャンスにつなげ、「スポーツ立国」を実現するためには、スポーツ以外の分野からの複合的アプローチが重要になる。

緊張の悪影響を可視化 「メンタル」制御への一歩  [2017年03月07日]

 脳を鍛えてアスリートのパフォーマンスの向上を支援する新しいトレーニング法を確立する――。日本電信電話(NTT)は2017年1月、「スポーツ脳科学(Sports Brain Science:SBS)プ...

脳を鍛えて勝つ NTT、スポーツ「未踏領域」への挑戦 [2017年03月06日]

「ボールをよく見て打て!」。野球経験者ならコーチに、一度は注意されたことがあるだろう。確かにボールから目が離れていてバッティングの精度が落ちることはよくあるが、実は見過ぎても逆効果になってしまう。科学...

ドコモ、DAZNで勝負 ライブ配信で可処分時間奪えるか [2017年03月02日]

 NTTドコモがスポーツ映像のライブ配信でソフトバンクに真っ向勝負を挑む。Jリーグの放映権を巨額で獲得した英パフォーム・グループと組み、「DAZN for docomo」を2017年2月15日に開始し...

国際スポーツビジネスで活躍、そのために必要なこと [2017年02月28日]

これまでの日本は安くて良いものを作ることに注力してきましたが、それだけではなくて、ブランド価値を高めることに取り組んでいかなければならない。日本ならばそれができると思います。

日経テクノロジーオンラインSpecial