お申し込み受付は終了しました

※当日受付を承ります。直接会場にお越しください。


開催趣旨

 ECU(電子制御ユニット)が関わる自動車システム・部品の開発者にとって、セキュリティーの知識は必須になる。セキュリティー開発にとってまず重要になるのが、攻撃手法を知ることだ。いま、世界中の研究者が、自動車の脆弱性を見つけている。日々更新される最新の知識なしに、クルマは守れない。

 本セミナーでは、国産ハイブリッド車をハッキングした経験があり攻撃手法に詳しい井上博之氏(広島市立大学准教授)と、自動車ネットワークのセキュリティー研究で多くの成果を発表する倉地亮氏(名古屋大学特任准教授)が、自動車セキュリティーに関する最新の「攻撃」と「防御」技術を概説する。自動車のECUやネットワークの開発に携わった経験がある技術者であれば、セキュリティー開発の経験が浅くとも分かるようになるべく平易に説明する。

開催概要

名称 「escar Asia 2016」開幕直前セミナー
徹底解説、自動車セキュリティーの「攻撃」と「防御」最前線
開催日 2016年9月27日(火)
時間 10:00~17:15(開場9:30)
開催場所 目黒雅叙園(東京・目黒) MAP ↗
主催 日経Automotive

プログラム(講師)

  • ※ 途中、昼休憩と午後の小休憩が入ります。
  • ※ 講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
10:00 ~ 14:00

※昼休憩
12:00~13:00

1. 自動車業界の取り組み
 ・欧州(ISO、AUTOSAR、EVITA)
 ・米国(SAE J3061、TCG)
 ・日本(Jaspar, CSSC)

2. 最新のセキュリティー情報の入手手段
 ・ニュースサイト、学会、コミュニティー団体など

3. CAN/CAN FD/車載Ethernetへの攻撃事例と対策/評価技術
 ・「DoS」や「なりすまし」などの攻撃への対策技術
 ・AUTOSAR(CAL、SecOC)
 ・MAC/暗号化手法
 ・セキュリティーテスト(ファジングなど)

4. 自動運転技術への攻撃事例の詳細
 ・車載レーダーへの攻撃
 ・車載カメラへの攻撃
 ・その他(標識など)への攻撃

倉地 亮氏

名古屋大学
大学院情報科学研究科 附属組込みシステム研究センター 特任准教授
倉地 亮

2000年に東京理科大学基礎工部電子応用工学科卒業。同年、アイシン・エィダブリュ入社。カーナビゲーションステムの開発に従事した。その後、名古屋大学大学院情報科学研究科附属組込みシステムセンター研究員、特任助教を経て、2016年より現職。2007年東京理科大学専門職大学院総合科学技術経営研究専攻修了、2012年名古屋大学大学院情報科学研究科博士後期過程修了。リアルタイムスケジューリング理論、車載制御ネットワークの設計技術などが専門分野。現在、自動車のセキュリティー向上のための脆弱性評価手法や対策手法等の研究に注力。博士(情報科学)。

14:15 ~ 17:15

5. インターネットにつながる自動車への攻撃
 ・Jeep車への攻撃の技術的詳細
 ・車載Linux機器の脆弱性

6. セキュリティー関連のコミュニティー
 ・Blackhat/DEFCON
 ・CCDS

7. 最新の研究事例
 ・実車に対するなりすまし・DoS攻撃事例
 ・ADAS機能に対する攻撃事例
 ・機械学習を用いた不正アクセスの検出機構
 ・全車載LANデータをクラウドに収集して解析する仕組み



井上 博之氏

広島市立大学
大学院情報科学研究科 准教授
一般社団法人重要生活機器連携セキュリティ協議会
研究開発センター チーフ
井上 博之

1987年、大阪大学工学部電子工学科卒業、1989年、大阪大学大学院工学研究科電子工学専攻修了。同年、住友電気工業入社。研究所でUnixワークステーションの開発やインターネット通信機器の研究開発に従事。2000年、奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士後期課程 博士(工学)。2000年、インターネット総合研究所で、ネットワーク関連企業のコンサルティングや企業の立ち上げに従事。2007年、広島市立大学大学院情報科学研究科。現在は、同大学准教授 兼CCDS研究開発センターIoT脆弱性研究ユニット1チーフ。SECCON実行委員、ETロボコン中四国地区大会実行委員、HiBiSインターネットセキュリティ部会顧問等。組込みシステムの情報セキュリティ、特に広域ネットワークにつながる家電や自動車のセキュリティについて、その脆弱性やセキュアな通信プロトコルに関する研究開発を行っている。

「escar Asia 2016」開幕直前セミナーお申し込み

一般価格

54,000円 (税込み)

日経Automotive読者価格

43,200円 (税込み)



「escar Asia 2016」との セット料金

一般価格

150,000円 (税込み)

日経Automotive読者価格

136,000円 (税込み)

※9月28日~29日に開催する「escar Asia 2016」とのセット申込価格です。


  • ※ 日経Automotive定期購読者は、読者価格でお申し込みいただけます。
  • ※ 満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
■受講料のお支払い:
  • お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
  • ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
  • 「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。
  • 受講料には昼食は含まれておりません。
■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など:
  • お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • 会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。
■最少開催人員:
  • 25名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。
本セミナーに関するお問い合わせ:
「セミナー/講座のお問い合わせフォーム」からお願いいたします。

escar website

escar Asia 2016