付加価値ある意匠デザインを実現するものづくり技術2017

こんな課題を抱えていませんか?
昨年は1000人超が来場 来場者の声 来場者の職種 素材・技術情報の必要性 イベントの感想 本イベントの特徴
開催概要
会期
2017年5月19日(金) 10:30-18:00
会場
ベルサール東京日本橋(地下鉄「日本橋駅」直結)東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー B2F
出展社数
37社
主催
日経ものづくり、日経テクノロジーオンライン、日経デザイン
特別講演

5/19(金)11:00 - 12:00

「枠組みを問い直す -つくり方をつくるデザイン-」


TAKT PROJECT Inc.
代表取締役 Creative Director
吉泉 聡

東北大学工学部機械知能工学科卒業。デザインオフィスnendo、ヤマハ株式会社デザイン研究所を経て、2013年TAKT PROJECT Inc.を共同設立。DESIGN THINK+DO TANKを掲げ、デザインを通して「別の可能性を作る」様々なプロジェクトを展開している。
実験的な自主研究プロジェクトを行い、その成果をミラノサローネ、メゾン・エ・オブジェ・パリ、香港M+など国内外の美術館やデザインインベントで発表・招聘展示。 その研究成果をベースに、様々なクライアントとコラボレーション、プロジェクトに応じてデザインの役割を最大化する独自のアプローチを特徴とする。
iF Design Award 2017(独)、Red Dot Award 2016(独)、グッドデザイン賞、ディスプレイ産業賞 優秀賞/経済産業省商務情報政策局長賞等、他受賞多数。

5/19(金)13:00 - 14:00

「独自のカラーデザイン戦略でブランド価値向上に貢献」
~デザイナーと技術者の共創で生まれた新たな価値創り


マツダ株式会社 デザイン本部 クリエイティブデザインエキスパート
岡本 圭一

1984年 マツダ株式会社 デザイン部入社
インテリアデザイン開発を経て、カラーデザインの担当へ
車種開発から先行一括カラー開発を経て、カラーデザインマネージャーを務め、 “ソウルレッドプレミアムメタリック”のデザイン開発をリード。
その後、本部長直属のクリエイティブデザインエキスパートとして、 新規カラー開発を担う。
2016年に発表した“マシーングレープレミアムメタリック”や2017年のNEW CX-5で 発表した“ソウルレッドクリスタルメタリック”の開発を手掛けてきた。
プレゼンタイトル
15:00-15:30
「REY Texture(レイ テクスチャ)」
深化したレーザー彫刻と3Dモデリング技術の融合が生み出すデザイン
ツジカワ株式会社
16:00-16:30
高転写成形を実現する誘導加熱システム
家電や自動車内装パーツの採用事例と技術紹介
ロックツール株式会社
よくある質問
出展企業一覧

エントリー

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係

セミナーのお問合せは、こちらからお願いいたします。
TEL:03-5696-1111 (土日祝日を除く 9:00~17:00)
FAX:03-5696-1139