• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

  • 厚労大臣最優秀賞は、竹富島が進める予防医学 厚労大臣最優秀賞は、竹富島が進める予防医学 「第6回健康寿命をのばそう!アワード」開催 厚生労働省が推進する「スマート・ライフ・プロジェクト」の一環である「第6回健康寿命をのばそう!アワード」表彰式が2017年11月13日に開催された。スマート・ライフ・プロジェクトは、国民全体が人生の最後まで元気に健康で楽しく過ごすことを目指した国民運動である。応募総数70の企業や団体、自治体から、竹富診療所の取り組みが厚生労働大臣 最優秀賞に選ばれた。 [2017年11月17日]
  • 「福岡100ケア・テックピッチ」開催、その狙いと結果は… 「福岡100ケア・テックピッチ」開催、その狙いと結果は… スタートアップ7社が登壇 「福岡100ケア・テックピッチ」と銘打つイベントが2017年10月20日の夜、福岡市で開催された。健康・医療・介護など人を「ケア」する分野でチャレンジするスタートアップ企業を支援するための企画である。 [2017年10月25日]
  • 「日本でデジタルパソロジーが本格的に始まる時が来た」 「日本でデジタルパソロジーが本格的に始まる時が来た」 第16回 日本デジタルパソロジー研究会総会が開催 日本デジタルパソロジー研究会(会長:森一郎氏)は、年次学術総会の「第16回 日本デジタルパソロジー研究会総会」を2017年9月21~23日に開催した。「デジタルパソロジー時代の標本作製~診断」をメインテーマに、病理遠隔診断やWebカンファレンス、バーチャル顕微鏡画像の解析、病理分野の人工知能活用などについて各者が講演した。 [2017年09月28日]
  • 「法人向けビジネスが伸びている」とFitbit社 「法人向けビジネスが伸びている」とFitbit社 ウエアラブル端末の健康経営での活用事例や医師からの期待とは… 「法人向けのビジネスが伸びている」——。ウエアラブルデバイスを手掛ける米Fitbit社 副社長兼アジア太平洋地域事業部長のSteve Morley氏はそう語る。具体的には、従業員の健康を管理することで生産性の向上を図る健康経営の領域でウエアラブルデバイスの活用が進んでいるというのである。 [2017年09月28日]
  • 漢方処方の不確実性をAIで解消する 漢方処方の不確実性をAIで解消する 山口大の浜本氏が「統計学を応用したAI」の取り組み語る 植物や動物、鉱物などの生薬を配合して作る漢方薬。全国に30万人いる医師のうち9割が処方しているといわれるほど一般的な存在となっている。2011年からは全国80大学の医学部全てにおいて、漢方医学の講義が行われるようにもなった。 [2017年09月22日]
  • サッカーW杯が変えた、ある外科医の人生 サッカーW杯が変えた、ある外科医の人生 九州大学病院の清水周次氏が語る「遠隔医療との15年」 本職の手術に劣らないほど、「遠隔医療」にのめり込んだ。ある外科医にそのきっかけを与えたのは、2002年に日韓合同で開催されたサッカーW杯だった――。 [2017年09月20日]
  • AIの医療応用は、「識別」から「予測」「実行」へ AIの医療応用は、「識別」から「予測」「実行」へ 疾患発症リスクや治療継続の予測に、情報医療の原氏 「人工知能(AI)の医療応用は、『識別』だけにとどまらない。『予測』『実行』のフェーズへと広がっていく」――。情報医療 代表取締役の原聖吾氏は、「第17回 日本糖尿病情報学会年次学術集会」(2017年9月2~3日、佐賀市)のシンポジウムに登壇。医療へのAI活用の展望を語った。 [2017年09月14日]
  • 「血液1滴でがん発見」のヒント、太陽電池にあり 「血液1滴でがん発見」のヒント、太陽電池にあり 鍵を握るデバイス技術、名古屋大学の馬場氏が語る 1滴の血液から13種類のがんを超早期に発見する――。そんな目標を掲げ、国立がん研究センター研究所 分子細胞治療研究分野 主任分野長の落谷孝広氏が主導する「体液中マイクロRNA測定技術基盤開発プロジェクト」。高い注目を集めるこのプロジェクトに参加している研究者の1人が、名古屋大学教授 先端ナノバイオデバイス研究センターセンター長の馬場嘉信氏である。 [2017年09月13日]
  • 「オンライン診療の導入で、禁煙治療の継続効果は1.5倍に」 「オンライン診療の導入で、禁煙治療の継続効果は1.5倍に」 メドレーの川田氏が臨床研究のデータ発表 オンライン診療と対面診療を組み合わせた禁煙治療は、対面診療のみの治療と比べて約1.5倍の治療継続効果がある――。メドレーに勤務する医師である川田裕美氏は、「第17回 日本糖尿病情報学会年次学術集会」(2017年9月2~3日、佐賀市)において、このようなデータを発表した。 [2017年09月12日]
  • 「医師主導のモバイルPHRは利用継続率が高い」 「医師主導のモバイルPHRは利用継続率が高い」 Welbyマイカルテを展開するウェルビーの比木氏 「医師に勧められて使い始めたユーザーは、最初は約60%、3カ月後でも約40%の人が利用している。3カ月間使い続けると習慣化するため、それ以降の減少はあまり見られない」――。モバイルPHRの「Welbyマイカルテ」を展開するウェルビー 代表取締役の比木武氏は、「第17回 日本糖尿病情報学会年次学術集会」(2017年9月2~3日、佐賀市)のシンポジウムに登壇し、このように語った。 [2017年09月11日]
  • 「今こそ国を挙げて認知症対策に力を」 「今こそ国を挙げて認知症対策に力を」 全国認知症予防ネットワークの設立総会でパネル討論 「認知症を早期に発見し、MCI(軽度認知障害)の段階で介入することの意味は大きい」――。衆議院議員の鈴木隼人氏は、2017年9月4日に開催された「全国認知症予防ネットワーク」設立総会と併せて行われた「認知症予防サミット」で、このように訴えた。 [2017年09月07日]
  • 「血液1滴で13種のがん発見」、医療費への効果は? 「血液1滴で13種のがん発見」、医療費への効果は? 大腸がんでは“従来比1/100”との試算も 国立がん研究センター研究所 分子細胞治療研究分野 主任分野長の落谷孝広氏は、2017年8月24~25日に開催された「第58回 日本人間ドック学会学術大会」の特別講演に登壇し、「体液マイクロRNAによるがんの早期発見:がんにならない、がんに負けない、がんと生きる社会をめざす」と題して講演。同氏が主導する「体液中マイクロRNA測定技術基盤開発プロジェクト」の成果などを紹介した。 [2017年09月06日]
  • 「1日1円」のインセンティブでもやる気が変わる 「1日1円」のインセンティブでもやる気が変わる エムティーアイが考える健康経営 「効果が出るから費用をかけるのではなく、効果を出すために投資する。そんな“攻め”の姿勢が健康経営に求められている」――。そう話すのは、エムティーアイ 執行役員でヘルスケア事業本部 副事業本部長の秋田正倫氏。同氏は、2017年7月18日に開催されたデータヘルスメディアセミナー「健康格差と未病におけるICT活用と産学官が果たす役割」に登壇し、同社が提案する健康経営の在り方について述べた。 [2017年08月24日]
  • 「緑視率」「プレゼンティズム」…、趣向を凝らす健康経営 「緑視率」「プレゼンティズム」…、趣向を凝らす健康経営 ジョンソン・エンド・ジョンソンによると、従業員の健康に1米ドル投資すると4米ドルのリターンがあるといわれている。世界的に見ても重視されている健康経営に関して、国内でもさまざまな取り組みが登場し始めている。 [2017年08月23日]
  • “命の格差”を生まないためにICTができること “命の格差”を生まないためにICTができること 生活習慣を変えさせるなら、生活環境と経済状況を考慮せよ 病気の予防にICTがどのように寄与するのか――。東京大学 大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 保健社会行動学分野/健康教育・社会学分野 准教授で医師の近藤尚己氏は、2017年7月18日に開催されたデータヘルスメディアセミナー「健康格差と未病におけるICT活用と産学官が果たす役割」に登壇し、健康格差へのICT活用について語った。 [2017年08月23日]
  • トヨタの医療・介護ロボ、次の展開は… トヨタの医療・介護ロボ、次の展開は… 2007年に医療・介護ロボットの開発を発表したトヨタ自動車。足掛け10年が経過した2017年9月、その第1弾となる下肢麻痺患者のリハビリテーション支援ロボット「ウェルウォーク」を満を持して事業化する。そんな同社が次に仕掛ける展開は――。 [2017年08月21日]
  • 「AIの医療活用、早期にガイドラインを」、医機連の渡部会長 「AIの医療活用、早期にガイドラインを」、医機連の渡部会長 AIはますます医療の中に入っていくだろう――。日本医療機器産業連合会(医機連) 会長の渡部眞也氏は2017年8月10日に開催された医機連メディアセミナー「Society5.0を支える医療機器産業を目指して」に登壇し、このように述べた。同氏は、「医療情報の増大や医師の偏在にもAIが役に立つ」と期待を寄せる。 [2017年08月18日]
  • 総務省が進める、個人中心の医療健康データ流通環境とは 総務省が進める、個人中心の医療健康データ流通環境とは クラウド型EHRの構築とPHRサービスモデル検証を支援 IoTやビッグデータ、人工知能(AI)、ロボット、シェアリングエコノミーなどのイノベーションをあらゆる産業や社会生活に取り入れ、さまざまな社会課題を解決する「Society 5.0」の実現に向けた政府施策である「未来投資戦略2017」。この戦略の一つとして位置付けられているのが、医療・健康分野のデータ利活用である。 [2017年08月09日]
  • ここまで来た、「超ビッグデータ」で予見医療 ここまで来た、「超ビッグデータ」で予見医療 ImPACTプログラムの進捗、シンポジウムで公開 個人の生体情報やレセプトなどの公的医療データをこれまでとはケタ違いの規模で収集・解析し、その時系列の変化や地域性を明らかにすることで、予見・先取型で持続可能な医療を実現する――。そんな目標を掲げ、2016年度に始まった国家プロジェクトの具体的な成果が見えてきた。日常の生体・環境情報をIoT(Internet of Things)の仕組みで収集し、クラウドで高速に解析する基盤が整いつつあり、地域にお... [2017年07月05日]
  • Watson活用やウエアラブル×介護、歯科VRまで Watson活用やウエアラブル×介護、歯科VRまで ベンチャー4社競演、「Digital Health Meetup Vol.8」レポート グリーベンチャーズが主催する「Digital Health Meetup」。その第8弾が2017年6月22に開催され、ピッチセッションには4社のベンチャー企業が登壇した。今回登壇した4社は、順に、アンター、Ubie、Moff、BiPSEEである。 [2017年07月03日]
  • 医療データの循環を作り出せ 医療データの循環を作り出せ インターシステムズジャパン 日本統括責任者の植松氏が語る 医療情報は“倉庫”に眠らせていては意味がない。いかに的確に医師に渡すのかが重要だ――。2017年6月8日に開催された「InterSystems Healthcare Seminar 2017」に登壇したインターシステムズジャパン 日本統括責任者の植松裕史氏はこう話し、医療情報を共有する仕組みの必要性を訴えた。 [2017年06月14日]
  • デジタルヘルス投資、一番の悩みは何か? デジタルヘルス投資、一番の悩みは何か? 「ベンチャー祭り2」特別セッションでパネル討論を実施 日経デジタルヘルスは2017年5月22日、東京都内で「デジタルヘルスベンチャー祭り2」を開催した。基調講演には医療法人社団鉄祐会 理事長の武藤真祐氏が登壇。その後、15社のデジタルヘルスベンチャーによるピッチをはさみ、特別セッションとして「ベンチャーキャピタル(VC)から見たデジタルヘルスの未来」と題したパネル討論が行われた。 [2017年05月31日]
  • ヘルステック、理想の押し付けではダメ ヘルステック、理想の押し付けではダメ 医療法人社団鉄祐会の武藤真祐氏が「ベンチャー祭り2」基調講演 日経デジタルヘルスは2017年5月22日、東京都内で「デジタルヘルスベンチャー祭り2」を開催した。15社のベンチャーによるピッチなどのプログラムに先立ち、医療法人社団鉄祐会 理事長の武藤真祐氏が基調講演に登壇。「ICTを使った次世代医療の方向性とベンチャーの役割」と題して講演した。 [2017年05月24日]
  • 超高齢社会向けサービスのビジコン、スタートアップ6社が競演 超高齢社会向けサービスのビジコン、スタートアップ6社が競演 「AGING2.0 TOYKO GLOBAL STARTUP SEARCH」 “世界に誇れる豊かな長寿国日本”を実現する、スタートアップビジネスコンテスト――。こう銘打つイベントが、2017年4月26日に東京都内で開催された。「AGING2.0 TOYKO GLOBAL STARTUP SEARCH」(主催:デジタルヘルスコネクト/SOMPOホールディングス/SOMPOケア/AGING2.0)である。 [2017年05月08日]
  • 首相が明言、遠隔診療を2018年度診療報酬改定で評価 首相が明言、遠隔診療を2018年度診療報酬改定で評価 「対面診療とオンラインでの遠隔診療を組み合わせた新しい医療を次の診療報酬改定でしっかり評価する」――。安倍晋三首相は、2017年4月14日の第7回未来投資会議においてこう明言した。既に2016年11月に開催された第2回未来投資会議の時点で、遠隔診療やセンサー、ロボットの積極的な活用推進の意向を明らかにしていたが、今回は「次の診療報酬改定(2018年度診療報酬改定)」という制度改定時期を含めて一歩踏... [2017年04月18日]

お薦めトピック

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング