• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新着記事

  • 情報は何のために使うのか? 考えませんか 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> 情報は何のために使うのか? 考えませんか 富原早夏氏 経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課 課長補佐 在宅でのデータを含めた健康データを誰がどう使っていくのかは重要な論点です。医療機関が持っている医療情報と、生活空間で出回る生活情報を合わせることで、治療や保健指導の質が上がるのではないかと考えるからです。 [2017年04月26日]
  • “外商さん”を医療の世界にも 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> “外商さん”を医療の世界にも 黒田知宏氏 京都大学医学部附属病院 医療情報企画部 教授 SNSやIoTを通じて大量のデータが医師に流れてきます。自分が集めようとしなくても情報が勝手にやってきてしまう。そんな中ですべてのデータに目を通しきれるでしょうか。このままでは医師が倒れてしまいます。 [2017年04月26日]
  • 「下半身が全く動かない」、でも階段の昇降が可能に 展示会・学会速報 MEDTEC Japan 2017 「下半身が全く動かない」、でも階段の昇降が可能に スイスの大学が開発した電動外骨格「twice」 椅子から立ち上がり、確かな足取りで一歩一歩前に進む。決して広くはないスペースだが、アシスト機器を身に着けた状態で聴衆の周りを歩いて回り、階段の上り下りまで披露した。そんな彼女の様子は「下半身の感覚が全くない」ことを感じさせなかった――。 [2017年04月26日]
  • これが「ソニーの介護」第2幕 特集・解説 デジタルヘルス事例 これが「ソニーの介護」第2幕 “ソニーらしさ”や“浦和を選んだワケ”に迫る 2017年5月1日、新たな“ソニーの介護”がさいたま市浦和区にオープンする。「ソナーレ浦和」はソニー・ライフケアの100%子会社であるライフケアデザインが運営する介護付き有料老人ホームで、2016年4月に開所した「ソナーレ祖師ヶ谷大蔵」(東京都世田谷区)に続くソナーレシリーズの2棟目となる。 [2017年04月26日]
  • ICTで「かかりつけ医」を強化、福岡市で実証開始 ニュース ICTで「かかりつけ医」を強化、福岡市で実証開始 遠隔診療への2018年度診療報酬改定での評価も視野に 「かかりつけ医」の機能をICTで補完する――。福岡市と福岡市医師会、医療法人社団鉄祐会、インテグリティ・ヘルスケアは2017年4月25日、福岡市で記者会見を開催し、「ICTを活用した『かかりつけ医』機能強化事業」の実証を開始したことを発表した。 [2017年04月25日]
  • ICT活用で現場の決断は早くなる 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> ICT活用で現場の決断は早くなる 狭間研至氏 ファルメディコ 代表取締役社長 医師・医学博士 医師でありながら薬局の経営に携わっているため、薬剤師の在り方に非常に興味を持っています。薬剤師の仕事は現在、“薬を患者に出すまで”という前提に基づいてビジネスモデルが組まれていることが多いです。 [2017年04月25日]
  • 「聴診器代わりに」、スマホにつなぐ超音波プローブ 展示会・学会速報 MEDTEC Japan 2017 「聴診器代わりに」、スマホにつなぐ超音波プローブ 日本電波工業が展示 日本電波工業(NDK)は、「MEDTEC Japan 2017」(2017年4月19~21日、東京ビッグサイト)において、スマートフォンにUSBで接続できる超音波プローブを出展した。スマートフォンに専用アプリをダウンロードすれば、最大24cmの深さまでの超音波画像を見ることができる。 [2017年04月25日]
  • ルールは後からついてくる 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> ルールは後からついてくる 円城寺雄介氏 佐賀県 政策部 企画課 企画担当係長 救急現場を可視化するために、佐賀県ではすべての救急車にタブレット端末を配備しました。救急医療のIT化を行って気が付いたのは、技術的には可能であっても実現し難い事情があることです。例えば、現場の様子を動画や写真で医療機関と共有することは、技術的には10年以上前から可能です。 [2017年04月25日]
  • パッドを胸に貼るだけのテレメトリー式心電計 展示会・学会速報 2017国際医用画像総合展(ITEM 2017) パッドを胸に貼るだけのテレメトリー式心電計 イメージ ワンのdurantaが新たな領域で活用 イメージ ワンは、電極パッドを胸に貼るだけのテレメトリー式心電送信機「duranta」(デュランタ)を「2017国際医用画像総合展(ITEM 2017)」(2017年4月14~16日、パシフィコ横浜)で展示した。介護施設や在宅患者の遠隔見守りとして提供を開始したツールだが、不整脈の診断領域での活用が始まっている。 [2017年04月25日]
  • 安全・簡単にネットで検査・画像情報を送受 展示会・学会速報 2017国際医用画像総合展(ITEM 2017) 安全・簡単にネットで検査・画像情報を送受 アレイがnetPDIによるソリューションを紹介 「安全・簡単・安価にネットで画像情報提供」「電子的に画像情報・検査結果を送受した際に算定できる診療報酬にも対応可能」――。「2017国際医用画像総合展(ITEM 2017)」(2017年4月14~16日、パシフィコ横浜)におけるJIRA企画コーナーのプレゼンテーションに登壇したアレイの山中誠一氏は、「IHE netPDI」を利用した地域医療連携の事例を紹介し、同社のブースでそのソリューションを展示... [2017年04月25日]
  • 医療クラウドの活用、海外の法令はどうなっているか 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> 医療クラウドの活用、海外の法令はどうなっているか 日本の3省4ガイドラインは「難解」 多職種連携などの仕組みが技術的には実現可能であるにも関わらず、なぜ日本ではなかなか浸透しないのか。法令やガイドラインが障壁となっている部分はあるのか――。第2回の座談会ではこうしたテーマを議論するに当たり、医療分野でのモバイルやクラウドの活用にかかわる法令やガイドラインの国内外の動向を、米Microsoft社が紹介した。 [2017年04月24日]
  • 超音波の最上位機種や1.5T超電導MRIを初披露、日立 展示会・学会速報 2017国際医用画像総合展(ITEM 2017) 超音波の最上位機種や1.5T超電導MRIを初披露、日立 日立製作所は、「2017 国際医用画像総合展(ITEM 2017)」(2017年4月14~16日、パシフィコ横浜)で、超音波診断装置の最上位機種となる「ALOKA ARIETTA 850」(アロカ アリエッタ)や、1.5T(テスラ)超電導MRIの新製品「ECHELON Smart」(エシェロン スマート)を初披露した。いずれも、同年4月13日に発売を開始したばかりの製品だ。 [2017年04月24日]
  • 健康ポイント導入で企業の健康経営を、グッピーズ ニュース 健康ポイント導入で企業の健康経営を、グッピーズ 健康管理アプリ「グッピー ヘルスケア」を活用 医療・介護・福祉の人材サービスを行うグッピーズは、企業向けの健康ポイントサービスを開始した。健康管理アプリ「グッピー ヘルスケア」を利用したサービスである。 [2017年04月24日]
  • 「医師よりWatson選ぶ患者」、韓国AI医療事情 コラム 趙章恩の「韓国スマートヘルスケア最前線」 「医師よりWatson選ぶ患者」、韓国AI医療事情 「第33回 KIMES2017(国際医療機器&病院設備展示会)」が2017年3月16~19日、韓国ソウルのCOEX展示場で開催された。韓国医療機器産業協会が主催するイベントで、産業通商資源部(部は日本の省に相当)と保健福祉部、食品医薬品安全処、ソウル市が後援した。会期中の来場者数は7万3000人を超えた。 [2017年04月24日]
  • Intelが語る「統合型病院」、そのコンセプトとは… 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> Intelが語る「統合型病院」、そのコンセプトとは… 清水 由香氏 インテル インダストリー事業本部 医療・ヘルスケア分野の情報共有や連携のあり方は、海外ではどのように変わりつつあるのか――。座談会の議論に先立ち、医療IT分野に力を入れる米Microsoft社と米Intel社がそれぞれ紹介した。本記事では、Intel社が挙げた事例をレポートする。 [2017年04月24日]
  • 眼球内を1枚の2次元画像に 展示会・学会速報 MEDTEC Japan 2017 眼球内を1枚の2次元画像に 白内障の術前検査に使うsantecの眼内寸法測定装置 角膜から網膜までを1枚の画像に表示し、眼中のさまざまな寸法を測る――。santecが「MEDTEC Japan 2017」(2017年4月19~21日、東京ビッグサイト)で披露した眼内寸法測定装置「ARGOS(アルゴス)」は、そんな機能を持つ装置だ。 [2017年04月24日]
  • 手術中の医師の負担を減らす“身に着ける椅子” 展示会・学会速報 MEDTEC Japan 2017 手術中の医師の負担を減らす“身に着ける椅子” 外科医など長時間の立ち仕事を強いられる人の負担を軽減する“身に着ける椅子”。そんなコンセプトで作られたのが、ウエアラブルチェア「archelis(アルケリス)」。金型製作を行うニットーが、「MEDTEC Japan 2017」(2017年4月19~21日、東京ビッグサイト)で披露した。現在、販売を目指して開発を行っている。 [2017年04月24日]
  • Microsoft、クラウドで「医療のデザイン変革を」 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> Microsoft、クラウドで「医療のデザイン変革を」 Gabe Rijpma氏 Microsoft Asia, Senior Director of Health and Social Services 米Microsoft社でアジア地域のヘルスケア事業を指揮するMicrosoft Asia, Senior Director of Health and Social ServicesのGabe Rijpma氏は、「医療に力を」と題し、クラウドやモバイルを用いた新しい医療提供の米国における事例を紹介した。 [2017年04月21日]
  • 薬の副作用報告、人工知能「KIBIT」が重みづけ 展示会・学会速報 MEDTEC Japan 2017 薬の副作用報告、人工知能「KIBIT」が重みづけ  FRONTEOヘルスケアは、FRONTEOの人工知能「KIBIT」を活用した製薬企業向けソリューションを「MEDTEC Japan 2017」(2017年4月19~21日、東京ビッグサイト)で紹介した。KIBITが得意とするテキスト分析機能などを生かし、製薬企業が扱う各種文書から重要度の高い情報を迅速に抽出する。 [2017年04月21日]
  • 技術的に可能でも、なぜなかなか実現できないのか 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> 技術的に可能でも、なぜなかなか実現できないのか 武藤真祐氏を座長に第2回の議論開始、海外事例の紹介も 日経デジタルヘルスは2017年4月7日、座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」(座長:医療法人鉄祐会 理事長でインテグリティ・ヘルスケア 代表取締役会長の武藤真祐氏、特別協力:日本マイクロソフト、インテル)の第2回を開催した。本企画は、医療界やアカデミア、行政・地方自治体、産業界など、さまざまなキーパーソンが参加する全3回の座談会である。 [2017年04月21日]
  • 音楽を聴きながら体調が分かるイヤホン 展示会・学会速報 MEDTEC Japan 2017 音楽を聴きながら体調が分かるイヤホン 京セラが血流量センサーで提案  京セラは、皮下組織内の血流量を測定できる光学式センサーを開発し、「MEDTEC Japan 2017」(2017年4月19~21日、東京ビッグサイト)に参考出展した。ウエアラブル機器などに搭載することで、自律神経や血圧の調整機能、熱中症や脱水症状などを可視化できる。2018~2019年の商用化を目指す。 [2017年04月21日]
  • アルプス電気、非接触で睡眠状態を測る「見守りモジュール」 展示会・学会速報 MEDTEC Japan 2017 アルプス電気、非接触で睡眠状態を測る「見守りモジュール」  アルプス電気は、睡眠中などの体動や呼吸状態を非接触で測れるモジュールを開発し、「MEDTEC Japan 2017」(2017年4月19~21日、東京ビッグサイト)に出展した。「見守りモジュール」と銘打ち、クラウド型の高齢者見守りサービスなどへの応用を提案している。2018年ごろのサンプル出荷を目指す。 [2017年04月21日]
  • フィリップス、周辺機器を操作できるX線血管撮影装置 展示会・学会速報 2017国際医用画像総合展(ITEM 2017) フィリップス、周辺機器を操作できるX線血管撮影装置 「装置ではなくソリューションの提供を」と堤社長 フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、X線血管撮影装置「Azurion(アズリオン)」を「2017国際医用画像総合展(ITEM 2017)」(2017年4月14~16日、パシフィコ横浜)で披露した。虚血性心疾患を始めとしたカテーテル治療に使用する血管撮影装置で、同年3月22日に販売を開始したばかり。 [2017年04月21日]
  • 人工知能がケアプラン作成 特集・解説 デジタルヘルス事例 人工知能がケアプラン作成 介護大手のセントケアが新会社設立 人工知能(AI)が良質なケアプランを作成する――。政府系投資ファンドと介護事業大手のセントケア・ホールディングがタッグを組み、こうした取り組みがスタートする。産業革新機構とセントケア・ホールディングは、AIによる自立促進・重度化予防のケアプランを提供する新会社、シーディーアイを設立する。新会社には、日揮や介護サービス事業者のツクイ、こうほうえんも共同出資し、事業をサポートする。今後、さらに介護サー... [2017年04月21日]
  • 画素サイズ100μmのデジタルX線撮影装置、コニカミノルタ 展示会・学会速報 2017国際医用画像総合展(ITEM 2017) 画素サイズ100μmのデジタルX線撮影装置、コニカミノルタ 手指の骨の微細構造も高解像度で コニカミノルタは、カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR fine(エアロディーアール ファイン)」を「2017国際医用画像総合展(ITEM 2017)」(2017年4月14~16日、パシフィコ横浜)に出展した。同製品は2016年12月に販売を開始したもの。 [2017年04月20日]

お薦めトピック

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング