• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

  • 北海道の過疎4自治体がタッグ、官民一体で遠隔健康支援事業 ヘルスケア産業の最前線 2017 北海道の過疎4自治体がタッグ、官民一体で遠隔健康支援事業 喜茂別町、島牧村、積丹町、ニセコ町 北海道の過疎地では、離れた位置にある4つの自治体が、民間事業者と共同で保健事業を開発・実施している。社会福祉法人渓仁会 法人本部ヘルスケア事業推進室 室長の細田高氏が、「ヘルスケア産業の最前線2017」(2017年3月3日、主催:経済産業省)の第2部として開催された「地域を支えるヘルスケアサービス事業者の事例紹介」に登壇し、官民一体の健康支援事業について講演した。 [2017年03月23日]
  • フィリップス新社長「ヘルステックで業界首位に」 フィリップス新社長「ヘルステックで業界首位に」  フィリップス エレクトロニクス ジャパンは2017年3月22日、報道機関向けの事業・新製品説明会を東京都内で開催。同年3月1日付で同社 代表取締役社長に就任した堤浩幸氏が登壇し、同社のコア事業であるヘルスケア事業への取り組みを語った。 [2017年03月23日]
  • 第一生命が「健康第一」アプリ、日本MSなど7社と 第一生命が「健康第一」アプリ、日本MSなど7社と 第一生命保険は2017年3月21日、顧客の健康寿命延伸やQOL向上を支援する「健康第一プロモート」を始動させると発表した。2018年4月までの1年間を3段階に分け、顧客に寄り添う伴走型の健康増進サービスを提供。順次サービスを拡充する。第一弾としてスマートフォンアプリ「健康第一」を無料で一般公開し、日常生活における顧客の健康増進をサポートする。 [2017年03月23日]
  • ソフトバンク、“複合現実”で歯科治療トレーニング ソフトバンク、“複合現実”で歯科治療トレーニング 傘下のリアライズ・モバイル・コミュニケーションズが開発 ソフトバンクグループのリアライズ・モバイル・コミュニケーションズとモリタは2017年3月17日、MR(複合現実)技術を活用した歯科治療シミュレーションシステムを開発したと発表した。歯科治療のトレーニングに向けるもので、施術者が仮想空間のCG画像のガイドを見ながら、現実空間の実習模型に治療を施せる。2017年3月21~25日にドイツ・ケルンで開催される歯科業界の展示会「第37回ケルン国際デンタルショ... [2017年03月21日]
  • オムロン ヘルスケア、モバイル心電計の米社と提携 オムロン ヘルスケア、モバイル心電計の米社と提携 「心電+血圧」の遠隔モニタリングや同時計測を可能に  オムロン ヘルスケアは2017年3月17日、モバイル心電計による遠隔モニタリングプラットフォームなどを手掛ける米AliveCor社との資本・業務提携を発表した。オムロン ヘルスケア親会社のオムロンがAliveCor社に2500万米ドル(約27億5000万円)を出資。オムロン ヘルスケアとAliveCor社は、循環器領域の商品やサービスを相互に活用し、事業面での提携も進める。 [2017年03月21日]
  • 日本初の保険適用アプリ「Join」、全国展開へ 日本初の保険適用アプリ「Join」、全国展開へ リクルートメディカルキャリアとアルムが提供開始 リクルートメディカルキャリアとアルムは、2017年4月より医療関係者間連携と地域包括ケアシステムに関するサービスの提供を始める。具体的には、アルムが開発したアプリ「Join」などを順次、全国展開していく。 [2017年03月19日]
  • ジーンクエスト、糖尿病に関わる遺伝子を網羅的解析 ジーンクエスト、糖尿病に関わる遺伝子を網羅的解析 新潟大学医学部と共同研究  ジーンクエストは2017年3月16日、新潟大学医学部と共同で、生活習慣病の発症に関連する遺伝子の網羅的解析を始めたと発表した。糖尿病などの疾患と生活習慣、遺伝子多型の相互作用を明らかにし、生活習慣病とその予防に関して新たな知見を得ることを目指す。 [2017年03月17日]
  • 「化粧」で高齢者の心のフレイル対策 ヘルスケア産業の最前線 2017 「化粧」で高齢者の心のフレイル対策 資生堂が約40年継続 高齢者にもう一度、自ら化粧をしてもらう――。資生堂ジャパンCSR部マネージャーの池山和幸氏は、「ヘルスケア産業の最前線2017」(2017年3月3日、主催:経済産業省)の第2部として開催された「地域を支えるヘルスケアサービス事業者の事例紹介」で、健康寿命延伸に向けた同社の事業を紹介した。 [2017年03月16日]
  • 医療分野のIoTビジネスを支援、日本システムウエア 医療分野のIoTビジネスを支援、日本システムウエア NTTデータと協業  日本システムウエアとNTTデータは2017年3月14日、医療関連分野のIoT(Internet of Things)ビジネスに関して協業することを発表した。日本システムウエアのIoTシステム構築技術とNTTデータの医療関連分野の業務ノウハウや営業力を融合し、医療関連企業のIoTビジネス推進を支援する。 [2017年03月16日]
  • 「医薬品偽造」への一手に?サトーが手にした新技術 「医薬品偽造」への一手に?サトーが手にした新技術  2017年1月、C型肝炎の特効薬「ハーボニー」の偽造品が日本国内で流通していることが明らかになった。医薬品の真贋を簡便かつ確実に見極める技術があれば、こうした問題の解決の一助になるかもしれない。 [2017年03月14日]
  • 日立、脳科学をモノづくりに活用 日立、脳科学をモノづくりに活用 高齢者向け認知症・介護予防サービス「脳エクササイズ」の開発に協力 日立ハイテクノロジーズと日立製作所は、キッズスターが提供する高齢者向け認知症・介護予防サービス「脳エクササイズ」の開発に協力したことを発表した。脳科学をモノづくりに活用する取り組みの一環という。 [2017年03月14日]
  • 糖尿病患者にフルコース料理 ヘルスケア産業の最前線 2017 糖尿病患者にフルコース料理 竹屋旅館が取り組む「メディ・シェフ」の育成と認定 糖尿病患者も楽しめる食事を提供する料理人「メディ・シェフ」を増やしていきたい――。竹屋旅館の代表取締役である竹内佑騎氏はこう抱負を述べた。同氏は、「ヘルスケア産業の最前線2017」(2017年3月3日、主催:経済産業省)の第2部として開催された「地域を支えるヘルスケアサービス事業者の事例紹介」で、自社が取り組むメディ・シェフについて紹介した。 [2017年03月13日]
  • 高齢者の就労、脳活動の活性化に ヘルスケア産業の最前線 2017 高齢者の就労、脳活動の活性化に 「健康寿命延伸産業創出推進事業成果報告会」で福祉工房が報告 経済産業省は2017年3月3日に開催した「ヘルスケア産業の最前線2017」の第1部として、「平成28年度健康寿命延伸産業創出推進事業成果報告会」を開催した。同事業は2014年度からの3カ年事業で、「健康寿命延伸産業」の創出および育成によって健康増進や医療費の適正化を目指すもの。 [2017年03月13日]
  • FiNC×カゴメ、「ホワイト500」の2社で行動変容調査 FiNC×カゴメ、「ホワイト500」の2社で行動変容調査 「FiNC for Business」をカゴメの全従業員に導入 FiNCは、同社が提供する法人向けウェルネス経営サービス「FiNC for Business」を、カゴメの全従業員に導入した。両社は2016年12月にウェルネス経営の推進と健康寿命の延伸を目指した業務提携契約を締結しており、また、2017年2月に発表された「健康経営優良法人(ホワイト500)」に両社ともに認定された。今回のFiNC for Businessの導入・利用による生活習慣改善の行動変容の... [2017年03月13日]
  • DeNA、「WELQ」問題で調査報告書を公表 DeNA、「WELQ」問題で調査報告書を公表 南場智子氏が代表取締役に復帰  ディー・エヌ・エー(DeNA)は2017年3月13日、医療・健康・美容分野のキュレーションサイト「WELQ(ウェルク)」など、2016年12月7日までに全記事を非公開とした10サイトに関して、第三者委員会による調査報告書を公表した。同社のキュレーションサイトに関しては、著作権法や薬機法(医薬品医療機器等法)などに違反する可能性のある記事や、内容が不適切な記事が作成・公開されていたことが発覚してい... [2017年03月13日]
  • がん放射線治療の効果、PETで早期に判定 がん放射線治療の効果、PETで早期に判定 浜松ホトニクスと東海大がマウスで実証  浜松ホトニクスと東海大学は2017年3月10日、がんの放射線治療の効果を治療開始後早期にPET検査で判定できる可能性を、動物実験で確認したと発表した。放射線照射量を適切に調節したり、十分な治療効果がない場合は他の治療法に切り替えたりするなど、治療開始後の早い段階でその後の治療方針を検討することにつながる。 [2017年03月13日]
  • パーソナルコーチAIアプリ「FiNC」、本サービス開始 パーソナルコーチAIアプリ「FiNC」、本サービス開始 FiNCは、パーソナルコーチAIアプリ「FiNC」の提供を2017年3月6日に開始した。これまで一部ユーザーを対象に限定公開していたが、本サービスとして一般公開する。 [2017年03月10日]
  • 弘前COI、ウエアラブルを活用へ 弘前COI、ウエアラブルを活用へ 弘前大学 副理事(研究担当)・教授/COI研究機構(医学研究科)戦略統括の村下公一氏は、「ヘルスケア&スポーツ 街づくりEXPO 2017」(2017年3月8~10日、主催:日本経済新聞社、日経BP社)のセミナーに登壇。これまでの「弘前COI」での取り組みと成果、今後について語った。 [2017年03月10日]
  • AIで脳血管疾患のリスク予測、NEC AIで脳血管疾患のリスク予測、NEC 宮城県富谷市でレセプトや特定健診データ活用  NECと仙台白百合女子大学は2017年3月から、脳血管疾患の発症・重症化リスクをAI(人工知能)で予測する研究を始めた。NECのAI技術群「NEC the WISE」の一つである異種混合学習技術と、仙台白百合女子大学准教授の鈴木寿則氏の公衆衛生学や社会環境に関する知見を組み合わせる。 [2017年03月09日]
  • あの排泄予知デバイス、事業会社5社と高性能化へ あの排泄予知デバイス、事業会社5社と高性能化へ トリプル・ダブリュー・ジャパンの「DFree」、NEDOが助成事業  トリプル・ダブリュー・ジャパンは2017年3月7日、排泄を予知する同社のウエアラブル端末「DFree」が、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の研究開発型ベンチャー支援事業/企業間連携スタートアップ(Startups in Corporate Alliance:SCA)に対する事業化支援の助成金に採択されたと発表した。助成金は最大7000万円。 [2017年03月08日]
  • 先駆け審査指定に、心臓シミュレーターやBNCT 先駆け審査指定に、心臓シミュレーターやBNCT 厚労省、人工気管を含め医療機器で3品目指定 厚生労働省は2017年2月28日、「先駆け審査指定制度」の対象品目として7品目を指定した。2016年11月までに指定申請があった医療機器9品目、体外診断用医薬品6品目、再生医療等製品13品目から選定した。 [2017年03月08日]
  • 月経前の不調に悩む女性をアプリで支援、コニカミノルタ 月経前の不調に悩む女性をアプリで支援、コニカミノルタ  コニカミノルタは、同社のBusiness Innovation Center(BIC)で推進するオープンイノベーションの一つとして、女性の月経周期に応じた健康管理を支援するソリューションを事業化する。2017年秋から順次、サービスを開始する。 [2017年03月08日]
  • キヤノン、半切サイズとして最軽量のX線撮影装置 キヤノン、半切サイズとして最軽量のX線撮影装置  キヤノンは2017年3月7日、DR(Digital Radiography)方式のワイヤレスX線デジタル撮影装置の新製品2機種を発表した。同年7月1日に発売する。 [2017年03月08日]
  • 脳波データから脳活動状態を可視化、医師の診断をサポート 脳波データから脳活動状態を可視化、医師の診断をサポート NTTデータアイと日本光電工業の「脳波解析システム NATESAS(ナテサス)」 NTTデータアイと日本光電工業は、医療用クラウド型の「脳波解析システム NATESAS(ナテサス)」を、全国の医療機関向けに2017年4月から提供開始する。日本光電工業の脳波計で計測した脳波データを分析し、脳活動の状態を可視化するシステム。 [2017年03月07日]
  • 探触子の進化で広帯域化・高感度化した超音波、日立が最上位機種 探触子の進化で広帯域化・高感度化した超音波、日立が最上位機種 日立製作所は、超音波診断装置「ARIETTA(アリエッタ)」シリーズの最上位機種「ALOKA ARIETTA 850」(アロカ アリエッタ 850)を2017年4月13日に販売する。「Pure Image」「Seamless Workflow」「Your Application」をコンセプトとする。 [2017年03月07日]

お薦めトピック

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング