• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

  • 医療分野のクラウドはこう使え! 特集・解説 デジタルヘルス・レポート 医療分野のクラウドはこう使え! 国立国際医療研究センターの美代氏が語る 院外から情報にアクセスさせないことは、本当に安全なのか――。電子カルテ系や研究系、事務系などさまざまなセキュリティーレベルのネットワークが混在する医療機関は、これまで物理的障壁によって医療情報を守ってきた。しかし、それが逆に情報リスクを招く場合もあり、情報活用を阻害する一因にもなっている。 [2017年03月24日]
  • どの電子お薬手帳も一元的に閲覧、名称は「e薬Link」に 特集・解説 デジタルヘルス×薬局=ソーシャルホスピタル どの電子お薬手帳も一元的に閲覧、名称は「e薬Link」に 2016年度診療報酬改定では、情報通信技術(ICT)を活用した医療連携や医療データの収集・利活用に関する複数の項目が新たに盛り込まれた。その一つが、電子お薬手帳だ。具体的には、調剤薬局が請求する「薬剤服用歴管理指導料」に関し、紙媒体のお薬手帳と同等の機能を持つ場合には電子お薬手帳も算定対象になったのである。 [2017年03月24日]
  • フィリップス新社長「ヘルステックで業界首位に」 ニュース フィリップス新社長「ヘルステックで業界首位に」  フィリップス エレクトロニクス ジャパンは2017年3月22日、報道機関向けの事業・新製品説明会を東京都内で開催。同年3月1日付で同社 代表取締役社長に就任した堤浩幸氏が登壇し、同社のコア事業であるヘルスケア事業への取り組みを語った。 [2017年03月23日]
  • 医学生だった僕が「起業とIT」に目覚めたワケ インタビュー 医学生だった僕が「起業とIT」に目覚めたワケ 田澤 雄基氏 慶応義塾大学病院 精神・神経科 医師  医学部発ベンチャーを100社創出する――。慶応義塾大学医学部がそんな目標を掲げ、「健康医療ベンチャー大賞」を立ち上げた。「病院での医療に限らず、医療・健康に貢献するプランを広く募集する」。こんな文言を掲げたコンテストの決勝大会が2017年3月26日に同大学で開催される。 [2017年03月22日]
  • オムロン ヘルスケア、モバイル心電計の米社と提携 ニュース オムロン ヘルスケア、モバイル心電計の米社と提携 「心電+血圧」の遠隔モニタリングや同時計測を可能に  オムロン ヘルスケアは2017年3月17日、モバイル心電計による遠隔モニタリングプラットフォームなどを手掛ける米AliveCor社との資本・業務提携を発表した。オムロン ヘルスケア親会社のオムロンがAliveCor社に2500万米ドル(約27億5000万円)を出資。オムロン ヘルスケアとAliveCor社は、循環器領域の商品やサービスを相互に活用し、事業面での提携も進める。 [2017年03月21日]
  • 東大が調剤薬局と描く、“かかりつけ”の新たな形 特集・解説 デジタルヘルス×薬局=ソーシャルホスピタル 東大が調剤薬局と描く、“かかりつけ”の新たな形 【Report1】アプリ×電子お薬手帳×薬剤師に挑む スマートフォンアプリと電子お薬手帳、そして薬剤師。3者を組み合わせ、生活習慣病患者やその予備群に対する生活改善や重症化予防の効果を検証する。東京大学が、調剤薬局を舞台にそんな試みを始めた(図1)。 [2017年03月17日]
  • 医療分野のIoTビジネスを支援、日本システムウエア ニュース 医療分野のIoTビジネスを支援、日本システムウエア NTTデータと協業  日本システムウエアとNTTデータは2017年3月14日、医療関連分野のIoT(Internet of Things)ビジネスに関して協業することを発表した。日本システムウエアのIoTシステム構築技術とNTTデータの医療関連分野の業務ノウハウや営業力を融合し、医療関連企業のIoTビジネス推進を支援する。 [2017年03月16日]
  • 変化を恐れず、脱“調剤薬局”へ 特集・解説 デジタルヘルス×薬局=ソーシャルホスピタル 変化を恐れず、脱“調剤薬局”へ 【interview】三津原 庸介氏 日本調剤 常務取締役 “医薬品提供の場”から、利用者の日々の健康を支えるヘルスケアサービスの提供者へ。ソーシャルホスピタル時代に向けて、調剤薬局は今まさにその役割の再定義が求められている。こうした変化に積極的な姿勢を見せるのが調剤薬局大手の日本調剤だ。常務取締役の三津原庸介氏に狙いを聞いた。(聞き手は大下 淳一=日経デジタルヘルス) [2017年03月15日]
  • DeNA、「WELQ」問題で調査報告書を公表 ニュース DeNA、「WELQ」問題で調査報告書を公表 南場智子氏が代表取締役に復帰  ディー・エヌ・エー(DeNA)は2017年3月13日、医療・健康・美容分野のキュレーションサイト「WELQ(ウェルク)」など、2016年12月7日までに全記事を非公開とした10サイトに関して、第三者委員会による調査報告書を公表した。同社のキュレーションサイトに関しては、著作権法や薬機法(医薬品医療機器等法)などに違反する可能性のある記事や、内容が不適切な記事が作成・公開されていたことが発覚してい... [2017年03月13日]
  • 中医協、遠隔診療の扱いで診療側と保険者側の意見対立 特集・解説 医療・介護の経営情報誌 日経ヘルスケアから 中医協、遠隔診療の扱いで診療側と保険者側の意見対立 かかりつけ医機能の普及促進には24時間対応の負担解消が鍵か 厚生労働省の中央社会保険医療協議会は2017年2月8日と22日の総会で、2018年度診療報酬改定に関して外来医療とかかりつけ医機能のあり方を議論した。外来医療において大きなテーマとなったのが、インターネットのビデオチャットなどを通じて患者が医師の診察を受ける遠隔診療。 [2017年03月10日]
  • 経産省主催ビジコン、これがベンチャー6社の最終プレゼン 展示会・学会速報 ヘルスケア産業の最前線 2017 経産省主催ビジコン、これがベンチャー6社の最終プレゼン  経済産業省は2017年3月3日、「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2017」を東京都内で開催した。次世代のヘルスケア産業の担い手を発掘・育成することを目的に、新たなビジネス創造に挑む企業・個人を表彰するイベントで、2016年に続く2回目の開催である。 [2017年03月07日]
  • 経産省、紙カルテ外部保管のグレーゾーン解消 ニュース 経産省、紙カルテ外部保管のグレーゾーン解消  経済産業省は2017年3月1日、産業競争力強化法のグレーゾーン解消制度に基づき、紙媒体のカルテの長期保管サービスにかかわる取り扱いを明確にしたことを発表した。 [2017年03月02日]
  • 慶応大医学部、iPhoneアプリによる臨床研究を中止 ニュース 慶応大医学部、iPhoneアプリによる臨床研究を中止 「Heart & Brain」で研究計画との不一致を受け  慶応義塾大学医学部は2017年2月28日、同学部内科学教室(循環器)が開発し2015年11月23日に公開したスマートフォン向けアプリケーション「Heart & Brain」の提供を2017年1月21日に中止したと発表した(発... [2017年03月01日]
  • 地域医療介護総合確保基金 用語辞典 デジタルヘルス用語 地域医療介護総合確保基金 2014年6月に成立した医療介護総合確保推進法(正式名称:地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律)に基づき、消費税の増収分を活用して各都道府県に設置した財政支援制度。高度急性期から在宅医療・介護までの一連のサービスを地域で総合的に確保するため、医療・介護の整合的な計画策定に向けた措置や、医療・介護の実施事業を対象として財政支援を行うものである。 [2017年02月27日]
  • 日本調剤と第一生命グループが業務提携 ニュース 日本調剤と第一生命グループが業務提携 サービスや保険商品を共同開発  第一生命保険とネオファースト生命保険、日本調剤は2017年2月20日、業務提携契約を締結した。大手生命保険グループと大手調剤薬局チェーンの提携は業界初という。 [2017年02月21日]
  • 国がん東病院、治験情報の電子化・一元管理を実現 ニュース 国がん東病院、治験情報の電子化・一元管理を実現 医師主導治験を支援するGCPマネジメントシステムを構築 国立がん研究センター東病院は、治験業務を支援する「FUJITSU ライフサイエンスソリューション tsClinical DDworks21」シリーズを導入し、本格稼動を開始した。各治験施設の安全性情報を関係者間で迅速に収集・伝達可能にし、治験関連文書の電子保存・一覧化や電子署名を用いた文書承認のワークフローをシステム上で実現した。2017年2月16日、富士通が発表した [2017年02月17日]
  • 成功事例だけでなく課題の共有も 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第1回> 成功事例だけでなく課題の共有も 吉田宏平氏 総務省 情報流通行政局 情報流通高度化推進室室長  総務省にとって医療分野は教育や行政と並び、ICT活用の大きな柱となっています。そうした中、地域包括ケアシステムのネットワーク化を進めていますが、システムにおいてどのようなデータを共有すべきか、そしてそのデータをどのように活用していくべきか――これらの基準は明確ではありません。 [2017年02月09日]
  • ほしいデータをいつでも採取できる仕組みを 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第1回> ほしいデータをいつでも採取できる仕組みを 中村卓也氏 福岡市 保健福祉局 健康先進都市推進担当部部長 福岡市の保健福祉総合計画では、「配る福祉から支える福祉」をテーマとしています。これは、従来の医療や介護制度の延長線上ではもはや仕組みを持続することができないとの危機感に基づくもので、大きく変わるための戦略を今年度末にまとめる方針です。一方、行政施策の延長ではない部分では、民間企業や大学機関とともに新しい社会システムを作っていきたいとの思いから、既に一部のプロジェクトが動き始めています。 [2017年02月08日]
  • これ本当に医師の仕事?“当たり前”を一回捨てよう 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第1回> これ本当に医師の仕事?“当たり前”を一回捨てよう 黒田知宏氏 京都大学医学部附属病院 医療情報企画部 教授 今の日本社会は、家族に頼る前提で社会基盤ができている気がします。家族の手を煩わせ、医師や看護師、介護士が信じられないほどの時間働くことでなんとか成り立っています。この状況をいずれ変えないといけません。 [2017年02月07日]
  • 医療ビッグデータの「政策提言2016」を安倍首相へ ニュース 医療ビッグデータの「政策提言2016」を安倍首相へ 医療ビッグデータ・コンソーシアムが取りまとめ  医療ビッグデータ・コンソーシアムは2017年2月6日、東京都内で記者発表会を開催し、「医療ビッグデータ・コンソーシアム 政策提言 2016」を発表した。医療ビッグデータの構築と利活用に向けた課題や解決策を提言したもので、先週、安倍首相へ提出済み。総務省、文部科学省、厚生労働省、経済産業省にも提出するという。 [2017年02月07日]
  • すべてが「100点」を目指すな 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第1回> すべてが「100点」を目指すな 岡本利久氏 内閣官房 健康・医療戦略室 参事官  省庁の縦割りを超え、医療・健康・介護の将来の全体像を描く――。そんな立場から、AMED(日本医療研究開発機構)のプロジェクトや医療・健康分野におけるICT活用、医療・介護の国際展開などに、各省庁と連携しながら取り組んでいます。 [2017年02月06日]
  • 電子カルテから患者の受診中断をAIが予測 ニュース 電子カルテから患者の受診中断をAIが予測 NTTと東大がモデル開発、精度は7割  NTTは糖尿病患者の症状悪化につながる「受診中断」をAI(人工知能)で予測するモデルを、東京大学大学院医学系研究科医療情報学分野 教授の大江和彦氏らと共同開発した。2017年度から、複数病院データベースを使った評価試験を開始する。 [2017年02月06日]
  • 2020年の医療・健康・介護の話をしよう 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第1回> 2020年の医療・健康・介護の話をしよう 武藤真祐氏を座長に議論開始、日本マイクロソフト樋口会長が挨拶 日経デジタルヘルスは2017年1月27日、医療界やアカデミア、行政・地方自治体、産業界など、さまざまなキーパーソンが参加する座談会を東京都内で開催した。これは、「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」(座長:医療法人鉄祐会 理事長でインテグリティ・ヘルスケア 代表取締役会長の武藤真祐氏、特別協力:日本マイクロソフト、インテル)と銘打つ3回の座談会の第1回。14人のパネリストが活発な... [2017年02月06日]
  • がん研、AIで「がんプレシジョン医療」 ニュース がん研、AIで「がんプレシジョン医療」 診断支援やインフォームドコンセントに活用へ  がん研究会とFRONTEOヘルスケアは2017年1月31日、ゲノム解析に基づく「がんプレシジョン医療」の実現に向けたAI(人工知能)システムの共同開発を開始したと発表した。がん患者に対する最適な治療法を医師に提案する「診断支援システム」と、患者と医師の対話を支援する「インフォームドコンセント支援システム」を2021年末までに完成させる。同日、共同記者会見を東京都内で開催した。 [2017年02月02日]
  • 薬局は“くすり屋”から“健康屋”へ 特集・解説 デジタルヘルス事例 薬局は“くすり屋”から“健康屋”へ 調剤薬局チェーン・薬樹が語る挑戦  「われわれは何者か? それを見つめ直し、薬局の役割を再定義する必要がある」。首都圏を中心に約140店舗を展開する調剤薬局チェーン、薬樹 代表取締役社長の小森雄太氏はこう話す。 [2017年01月31日]

お薦めトピック

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング