• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

  • 中小規模病院向けDWH、医用工学研究所 ニュース 中小規模病院向けDWH、医用工学研究所 シーエスアイの電子カルテ「MI・RA・Is」と連携 医用工学研究所は、中小規模病院向けデータウエアハウス(DWH)システム「CLISTA! Lite」(クリスタ ライト)の販売を2017年12月に開始する。シーエスアイと協業により、同社の電子カルテ「MI・RA・Is」シリーズとシームレスにデータ連携し、診療情報の統計・分析、検索・抽出といった機能より、中小規模病院の経営改善、業務改革、医療の質向上を支援する。価格は、5ユーザーライセンスで450万円... [2017年11月18日]
  • 西陣織の技法使ったウエアラブル電極布、一般医療機器として届出 ニュース 西陣織の技法使ったウエアラブル電極布、一般医療機器として届出 12誘導心電を計測、帝人フロンティア 帝人フロンティアは2017年11月16日、12誘導心電の計測が可能なウエアラブル電極布を一般医療機器(クラスⅠ)としてPMDA(医薬品医療機器総合機構)に届出を行うと発表した。「テクノセンサーER」の製品名で、2018年春に販売を開始する。 [2017年11月16日]
  • デジタルメディスン、ついにFDAが承認 ニュース デジタルメディスン、ついにFDAが承認 大塚製薬、抗精神病薬にセンサーを内蔵し服薬管理 大塚製薬と米Proteus Digital Health社は2017年11月13日(米国時間)、錠剤にセンサーを内蔵して服薬を管理するデジタルメディスン「エビリファイ マイサイト(Abilify MyCite)」の承認をFDA(米国食品医薬品局)から取得したと発表した。「医薬品と医療機器を一体化して開発された世界初のコンビネーション製品」(大塚製薬)という。 [2017年11月15日]
  • 産後うつ病の自己評価票用アプリ、シェアメディカル ニュース 産後うつ病の自己評価票用アプリ、シェアメディカル 「医療ビッグデータ対応」を視野に開発 医療用チャットサービス「メディライン」を提供するシェアメディカルは、産後うつ病のスクリーニングテストとして用いられているエジンバラ産後うつ病自己評価票(EPDS)のスマートデバイス用アプリを開発した。メディラインのオプションサービスとして2017年11月9日に利用予約受け付けを始めた。 [2017年11月11日]
  • 手話による遠隔医療相談を開始、ミルディス小児科耳鼻科 ニュース 手話による遠隔医療相談を開始、ミルディス小児科耳鼻科 遠隔診療システム「LiveCall ヘルスケア」を導入 ミルディス小児科耳鼻科(東京都足立区、院長:平野浩二氏)は、ビデオ通話を活用した手話による遠隔医療相談を開始した。全国にいる聴覚障害者にもっと身近に医療相談ができる環境を提供したいという想いから開始したもの。遠隔診療システムには、スピンシェルが提供する「LiveCall ヘルスケア」を導入した。 [2017年11月08日]
  • 患者の治療選択を支援する「Findme」、2018年春に本格提供へ 特集・解説 デジタルヘルス事例 患者の治療選択を支援する「Findme」、2018年春に本格提供へ リーズンホワイ、モニター患者募集を開始 デジタルヘルスベンチャーのリーズンホワイは、患者が望む医師と治療選択を支援し、患者と専門医のミスマッチを解決するサービス「Findme」の本格提供を2018年春に開始する。それに先立ち、モニター患者募集を2017年11月6日に開始した。モニター患者は、特にQOL(生活の質)の観点から治療選択が重要になる婦人科系がん患者など、セカンドオピニンのニーズが高い疾病を対象とする。 [2017年11月08日]
  • 医療介護の多職種連携SNSと連動する褥瘡ケアアプリ ニュース 医療介護の多職種連携SNSと連動する褥瘡ケアアプリ 日本エンブレースとアルケアが実証運用 日本エンブレースは、同社の医療介護専用の多職種連携SNS「メディカルケアステーション」(以下MCS)と連動した褥瘡発生リスク判定や経過管理を円滑にする褥瘡ケアアプリの実証運用をアルケアと共同で実施する。医療介護従事者による褥瘡予防および褥瘡治療を管理し、在宅褥瘡ケアの現場におけるチーム医療を支援する。既に2017年9月から東京都豊島区および北区の複数の施設で開始している。 [2017年11月07日]
  • フィリップス堤社長が語る、「ヘルステックNo.1企業」への道 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2017 フィリップス堤社長が語る、「ヘルステックNo.1企業」への道 “脱エレクトロニクス”、多様な業界とのエコシステムを構築 「エレクトロニクスから脱却し、名実ともにヘルステックに100%注力する」――。フィリップス・ジャパン 代表取締役社長の堤浩幸氏は、「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)3日目のカンファレンスに「フィリップスのデジタル・プラットフォームが開くヘルスケアの未来」と題して登壇。2017年10月1日にフィリップス エレクトロニクス ジャパンからフィリップス・ジャ... [2017年11月01日]
  • サイボウズLive終了に伴う移行支援、シェアメディカル ニュース サイボウズLive終了に伴う移行支援、シェアメディカル 医療用チャットサービス「メディライン」への移行プランを発表 医療用チャットサービス「メディライン」を手掛けるシェアメディカルは、2019年4月15日にサービスを終了すると発表された「サイボウズLive」を利用する医療機関向けに、メディラインへの移行プランを提供すると発表した。具体的には、通常は20万円からの別料金となっているユーザー移行の作業支援やグループ設計を提案する導入コンサルティングなどの費用を、シェアメディカルが負担し無償提供する。 [2017年10月31日]
  • 中国労災病院、FileMakerで管理する院内感染対策 特集・解説 デジタルヘルス事例 中国労災病院、FileMakerで管理する院内感染対策 「FileMakerカンファレンス2017」メディカルトラックから 医療機関の感染対策チームの業務は、病院感染予防や職員の健康管理といった日常業務から緊急時のアウトブレイク管理や発生報告まで広範におよぶ。こうした感染対策チームの負荷軽減と院内の感染拡大の予防を支援するシステムを、労働者健康安全機構 中国労災病院は、FileMakerプラットフォームを利用して構築・運用している。同病院 感染対策室の小西央郎氏は、「FileMakerカンファレンス2017」(2017... [2017年10月30日]
  • マイクロソフトは日本の医療・ヘルスケア市場にどう挑むのか 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2017 マイクロソフトは日本の医療・ヘルスケア市場にどう挑むのか 医療・ヘルスケア業界におけるデジタルトランスフォーメーションの推進を本格化する――。「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)2日目のカンファレンスに登壇した日本マイクロソフト パブリックセクター事業本部 官公庁・医療事業統括本部 プリンシパルテクノロジーストラテジストの遠山仁啓氏は、こう語る。 [2017年10月30日]
  • 厚労省が語る遠隔診療、「報酬だけに頼らない厚みを」 展示会・学会速報 第21回 日本遠隔医療学会学術大会(JTTA 2017) 厚労省が語る遠隔診療、「報酬だけに頼らない厚みを」 医政局の吉村健佑氏、“医療提供の場のシフト”における重要性を指摘 厚生労働省 医政局研究開発振興課 医療技術情報推進室 室長補佐/国立保健医療科学院 医療・福祉サービス研究部 主任研究官の吉村健佑氏は、「第21回 日本遠隔医療学会学術大会(JTTA 2017)」(2017年9月30日~10月1日、宇都宮市)のシンポジウム「遠隔診察(テレケア)をサポートするプラットフォームの構築をめざして」に登壇。「遠隔診療を取り巻く政策動向」と題して講演した。 [2017年10月28日]
  • 「デジタルホスピタル」実現へ、医療法人社団KNIとNECがタッグ 特集・解説 デジタルヘルス事例 「デジタルホスピタル」実現へ、医療法人社団KNIとNECがタッグ 第1弾は「不穏検知」「退院支援」に関するシステムを試験導入 AIやセンサーなどの技術を活用して、病院を自動化・ロボット化する――。医療法人社団KNI 理事長の北原茂実氏は、「デジタルホスピタル」と呼ぶ、こうした概念をかねて提唱してきた。このデジタルホスピタルの実現に、NECが参画する。医療法人社団KNIとNECは2017年10月23日、記者会見を開催し、医療・社会改革に向けた共創を開始すると発表した。 [2017年10月25日]
  • 日立が患者レジストリサービス、医薬品開発を支援 ニュース 日立が患者レジストリサービス、医薬品開発を支援 日立製作所は2018年4月、医薬品や医療機器の開発を支援するヘルスケア分野向け「患者レジストリサービス」を医療機関や製薬企業を対象に開始する。 [2017年10月24日]
  • 医療クラウド構築を日本で支援、FPTソフトウェア 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2017 医療クラウド構築を日本で支援、FPTソフトウェア FPTソフトウェアは、医療分野向けのIoT(Internet of Things)プラットフォームの構築支援サービスを「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)で紹介した。モバイル端末などを使った、クラウドベースの医用画像ビューワーや健康情報閲覧システムなどの開発を支援する。 [2017年10月24日]
  • 遠隔診療にバイタルサイン活用、アポロンとYUWA 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2017 遠隔診療にバイタルサイン活用、アポロンとYUWA スマホを介さず測定データをクラウド送信できるIoTゲートウエイを活用 YUWA 代表取締役社長の朴元浩氏は、「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)3日目のオープンシアターに登壇し、「厚労省の通達に準拠した遠隔診療システム導入のご提案」と題して講演。同社が企画に協力しているアポロンの遠隔診療支援システム「PALCOM」を紹介した。 [2017年10月23日]
  • “死の淵”に見た看護師の姿が生んだ、eWeLLの「iBow」 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2017 “死の淵”に見た看護師の姿が生んだ、eWeLLの「iBow」 eWeLLは、「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)で、訪問看護支援サービス「iBow」を展示した。看護師の働き方の改革を目指した訪問看護専門の電子カルテである。 [2017年10月21日]
  • 薬剤師の価値は「思わぬ業種との連携」で高まる 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2017 薬剤師の価値は「思わぬ業種との連携」で高まる 日本調剤の三津原氏が語る“薬剤師×ICT”の効用 日本調剤 専務取締役の三津原庸介氏は、「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)3日目のオープンシアターに登壇し、「『薬剤師×ICT』で変わる日本の医療」と題して講演。調剤薬局におけるICT活用や、薬剤師による介入との相乗効果について語った。 [2017年10月20日]
  • “300万人30年間”の医療ビッグデータを生かす 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2017 “300万人30年間”の医療ビッグデータを生かす 台湾でのプロジェクトを、ヘルスアカウント共同研究者の梅田氏が語る ヘルスアカウント 共同研究者/奈良県立医科大学教授の梅田智広氏は「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)2日目のオープンシアターに登壇し、「アジア市場を対象とした健康管理事業モデルの展開」と題して講演。日本のヘルスケアベンチャーと共同で参画している、台湾における健康管理サービス創出事業を紹介した。 [2017年10月20日]
  • 医療機関は「待合室」でも差がつきます 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2017 医療機関は「待合室」でも差がつきます メディアートが“情報空間化”を支援 メディアートは、診療所などの待合室で患者が視聴するコンテンツを配信するサービス「medi-channel(メディ-チャンネル)」を「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)に出展した。患者が待合室にいる時間を、病気や検査に関する知識向上や、自院に関する情報のアピールに活用できる。 [2017年10月19日]
  • 画像診断支援の中国Infervision社が日本市場へ 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2017 画像診断支援の中国Infervision社が日本市場へ 「医師が見逃した肺がんをAIが発見」 中国Infervision社(北京推想科学技術)Founder and CEOのKuan Chen氏は、「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)初日のオープンシアターに登壇し、「人工知能が医療を変える」と題して講演。同社が中国や米国で展開している深層学習(ディープラーニング)を用いた画像診断支援ソリューションを紹介した。今後、日本市場にも参入する。 [2017年10月19日]
  • 日本光電、地域包括ケアをクラウドで支援 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2017 日本光電、地域包括ケアをクラウドで支援 検査情報・個人データから住居環境まで 日本光電工業は、「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)で、クラウドを活用した医療・介護分野向けの3つのサービスを披露した。すなわち、(1)医療機関での検査情報、(2)個人のバイタルデータ、(3)高齢者の住居環境と活動量、をそれぞれクラウド上に保存するサービスである。 [2017年10月18日]
  • 「新しい命」を育むモバイルヘルス コラム 医師・佐竹晃太の「モバイルヘルス」で変わる医療 「新しい命」を育むモバイルヘルス 妊娠・出産を支える米国スタートアップ事例 皆さま、こんにちは。キュア・アップの佐竹晃太です。本連載では、モバイルテクノロジーによる新しい治療アプローチの可能性や先進事例を紹介しています。つい最近、FDAがデジタルソフトウエアの承認の迅速化に動くなど、近年はより活発に実用化が進んできています。 [2017年10月17日]
  • 医師が実名で監修・執筆、メディウィルの「いしゃまち」の特徴は… 展示会・学会速報 デジタルヘルスDAYS 2017 医師が実名で監修・執筆、メディウィルの「いしゃまち」の特徴は… 「開業医が実名で監修した信頼性の高いコンテンツを、“池上彰氏”より分かりやすく伝える」――。メディウィル 代表取締役社長の城間波留人氏は、「デジタルヘルスDAYS 2017」(主催:日経BP社、協力:日経デジタルヘルス)のオープンシアターに登壇し、同社の医療情報メディア「いしゃまち」の特徴をこう強調した。 [2017年10月16日]
  • 厚労省の遠隔診療新通知、JEITAはこう読み解く 展示会・学会速報 第21回 日本遠隔医療学会学術大会(JTTA 2017) 厚労省の遠隔診療新通知、JEITAはこう読み解く “遠隔で取得したデータの信頼性”をどう保証するか 電子情報技術産業協会(JEITA) ヘルスケアIT研究会 主査の鹿妻洋之氏は、「第21回 日本遠隔医療学会学術大会(JTTA 2017)」(2017年9月30日~10月1日、宇都宮市)のシンポジウム「遠隔診察(テレケア)をサポートするプラットフォームの構築をめざして」に登壇。「遠隔診察と在宅モニタリング 運用面から見た現状と課題」と題し、遠隔診療の運用面の課題をデバイスやソフトウエア、システムの観... [2017年10月16日]

お薦めトピック

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング