• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

  • 情報は何のために使うのか? 考えませんか 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> 情報は何のために使うのか? 考えませんか 富原早夏氏 経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課 課長補佐 在宅でのデータを含めた健康データを誰がどう使っていくのかは重要な論点です。医療機関が持っている医療情報と、生活空間で出回る生活情報を合わせることで、治療や保健指導の質が上がるのではないかと考えるからです。 [2017年04月26日]
  • “外商さん”を医療の世界にも 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> “外商さん”を医療の世界にも 黒田知宏氏 京都大学医学部附属病院 医療情報企画部 教授 SNSやIoTを通じて大量のデータが医師に流れてきます。自分が集めようとしなくても情報が勝手にやってきてしまう。そんな中ですべてのデータに目を通しきれるでしょうか。このままでは医師が倒れてしまいます。 [2017年04月26日]
  • ICTで「かかりつけ医」を強化、福岡市で実証開始 ニュース ICTで「かかりつけ医」を強化、福岡市で実証開始 遠隔診療への2018年度診療報酬改定での評価も視野に 「かかりつけ医」の機能をICTで補完する――。福岡市と福岡市医師会、医療法人社団鉄祐会、インテグリティ・ヘルスケアは2017年4月25日、福岡市で記者会見を開催し、「ICTを活用した『かかりつけ医』機能強化事業」の実証を開始したことを発表した。 [2017年04月25日]
  • ICT活用で現場の決断は早くなる 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> ICT活用で現場の決断は早くなる 狭間研至氏 ファルメディコ 代表取締役社長 医師・医学博士 医師でありながら薬局の経営に携わっているため、薬剤師の在り方に非常に興味を持っています。薬剤師の仕事は現在、“薬を患者に出すまで”という前提に基づいてビジネスモデルが組まれていることが多いです。 [2017年04月25日]
  • ルールは後からついてくる 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> ルールは後からついてくる 円城寺雄介氏 佐賀県 政策部 企画課 企画担当係長 救急現場を可視化するために、佐賀県ではすべての救急車にタブレット端末を配備しました。救急医療のIT化を行って気が付いたのは、技術的には可能であっても実現し難い事情があることです。例えば、現場の様子を動画や写真で医療機関と共有することは、技術的には10年以上前から可能です。 [2017年04月25日]
  • 医療クラウドの活用、海外の法令はどうなっているか 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> 医療クラウドの活用、海外の法令はどうなっているか 日本の3省4ガイドラインは「難解」 多職種連携などの仕組みが技術的には実現可能であるにも関わらず、なぜ日本ではなかなか浸透しないのか。法令やガイドラインが障壁となっている部分はあるのか――。第2回の座談会ではこうしたテーマを議論するに当たり、医療分野でのモバイルやクラウドの活用にかかわる法令やガイドラインの国内外の動向を、米Microsoft社が紹介した。 [2017年04月24日]
  • 「医師よりWatson選ぶ患者」、韓国AI医療事情 コラム 趙章恩の「韓国スマートヘルスケア最前線」 「医師よりWatson選ぶ患者」、韓国AI医療事情 「第33回 KIMES2017(国際医療機器&病院設備展示会)」が2017年3月16~19日、韓国ソウルのCOEX展示場で開催された。韓国医療機器産業協会が主催するイベントで、産業通商資源部(部は日本の省に相当)と保健福祉部、食品医薬品安全処、ソウル市が後援した。会期中の来場者数は7万3000人を超えた。 [2017年04月24日]
  • Intelが語る「統合型病院」、そのコンセプトとは… 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> Intelが語る「統合型病院」、そのコンセプトとは… 清水 由香氏 インテル インダストリー事業本部 医療・ヘルスケア分野の情報共有や連携のあり方は、海外ではどのように変わりつつあるのか――。座談会の議論に先立ち、医療IT分野に力を入れる米Microsoft社と米Intel社がそれぞれ紹介した。本記事では、Intel社が挙げた事例をレポートする。 [2017年04月24日]
  • Microsoft、クラウドで「医療のデザイン変革を」 特集・解説 日経デジタルヘルス座談会「情報化が切り拓く、ソーシャルホスピタル実現への処方箋」<第2回> Microsoft、クラウドで「医療のデザイン変革を」 Gabe Rijpma氏 Microsoft Asia, Senior Director of Health and Social Services 米Microsoft社でアジア地域のヘルスケア事業を指揮するMicrosoft Asia, Senior Director of Health and Social ServicesのGabe Rijpma氏は、「医療に力を」と題し、クラウドやモバイルを用いた新しい医療提供の米国における事例を紹介した。 [2017年04月21日]
  • 医師会の反対押し切り、遠隔医療を進める韓国 コラム 趙章恩の「韓国スマートヘルスケア最前線」 医師会の反対押し切り、遠隔医療を進める韓国 政府省庁内に「デジタル医療制度課」を新設 韓国の医療政策を担当する保健福祉部(部は日本の省に相当)は2017年1月、政府組織や公務員を管理する行政自治部の許可を得て「デジタル医療制度課」を新設した。これまで「遠隔医療制度化タスクフォースチーム」として運営していた組織を、正式な部署に格上げ。本格的に遠隔医療を進める意志を固めたことをアピールした形だ。 [2017年04月20日]
  • 中医協、生活習慣病の重症化予防を議論 特集・解説 医療・介護の経営情報誌 日経ヘルスケアから 中医協、生活習慣病の重症化予防を議論 かかりつけ医と専門医、保険者との連携体制の推進が議題に 2018年度診療報酬改定に向け、厚生労働省の中央社会保険医療協議会は2017年3月29日の総会で、外来医療のあり方として「生活習慣病の重症化予防」を議論した。 [2017年04月19日]
  • 医療機器の回収、なぜこれほど多いのか コラム 久保田博南の「医療機器トレンド・ウオッチ」 医療機器の回収、なぜこれほど多いのか 医療機器の回収は、2014~2016年度の最近3年間で合計1224件もあった。1日あたり1件以上の回収が発生しているのが実情だ。何が原因で、このような憂うべき現況にあるのか、業界に関わる全ての人が冷静に考えてみる必要がある。 [2017年04月19日]
  • 出血なしに血管を切離――“第3”のデバイスの実力は? 特集・解説 デジタルヘルス事例 出血なしに血管を切離――“第3”のデバイスの実力は? マイクロ波を使ったエネルギーデバイスの実像を探る 血管や組織を凝固させて封止・切離する「エネルギーデバイス」は、今や手術現場に欠かせないツールの一つとなっている。ここにきて、従来の「高周波(ラジオ波)」と「超音波」に続く第3の選択肢として、「マイクロ波」を用いたエネルギーデバイスが発売された。新登場のマイクロ波エネルギーデバイス。その実力やいかに。 [2017年04月19日]
  • これが国がんの次世代手術ロボ開発拠点だ 特集・解説 デジタルヘルス事例 これが国がんの次世代手術ロボ開発拠点だ 東病院「次世代外科・内視鏡治療開発センター」が5月稼働 国立がん研究センターは2017年4月11日、同センター東病院(千葉県柏市)内に同年5月8日に開設する「次世代外科・内視鏡治療開発センター(NEXT)」の竣工記念式典を開催し、同センターの内部を関係者や報道陣に公開した。 [2017年04月18日]
  • 首相が明言、遠隔診療を2018年度診療報酬改定で評価 特集・解説 デジタルヘルス・レポート 首相が明言、遠隔診療を2018年度診療報酬改定で評価 「対面診療とオンラインでの遠隔診療を組み合わせた新しい医療を次の診療報酬改定でしっかり評価する」――。安倍晋三首相は、2017年4月14日の第7回未来投資会議においてこう明言した。既に2016年11月に開催された第2回未来投資会議の時点で、遠隔診療やセンサー、ロボットの積極的な活用推進の意向を明らかにしていたが、今回は「次の診療報酬改定(2018年度診療報酬改定)」という制度改定時期を含めて一歩踏... [2017年04月18日]
  • キヤノン御手洗会長が視察、「意欲かき立てられた」 展示会・学会速報 2017国際医用画像総合展(ITEM 2017) キヤノン御手洗会長が視察、「意欲かき立てられた」 医療事業は「キヤノンの成長担う大黒柱」と宣言 キヤノン 代表取締役会長CEOの御手洗冨士夫氏は2017年4月15日、「2017 国際医用画像総合展(ITEM 2017)」(2017年4月14~16日、パシフィコ横浜)の展示会場を視察した。2016年12月に同社が子会社化した東芝メディカルシステムズの展示ブースなどを見て回った。 [2017年04月18日]
  • 「キヤノンとの統合を推進」、東芝メディカル瀧口社長 展示会・学会速報 2017国際医用画像総合展(ITEM 2017) 「キヤノンとの統合を推進」、東芝メディカル瀧口社長  「来年は名実ともにキヤノンのブースとしての出展を目指す。今年は『キヤノンメディカル』への移行の年。今朝、その決起大会を開いた」――。 [2017年04月15日]
  • Apple Watchで「かゆみ」を研究 特集・解説 デジタルヘルス事例 Apple Watchで「かゆみ」を研究 ネスレ、就寝中の“かきむしり動作”を見える化 寝ている間に、皮膚をかきむしって傷つけてしまう。アトピー性皮膚炎や乾燥肌による「かゆみ」に悩んでいる人なら、誰でもそんな経験があるだろう。自覚のないあなたも、実は夜中に皮膚をかきむしっていることに、気付いていないだけかもしれない。 [2017年04月14日]
  • 在宅医療の普及に向けた重点分野を了承 特集・解説 医療・介護の経営情報誌 日経ヘルスケアから 在宅医療の普及に向けた重点分野を了承 厚労省の在宅医療会議、関係団体を集約した全国組織を求める声も 厚生労働省の全国在宅医療会議は2017年3月15日、在宅医療の普及に向けた重点分野として、(1)在宅医療に関する医療連携、普及啓発モデルの蓄積、(2)在宅医療に関するエビデンスの蓄積──の2項目を了承した。 [2017年04月13日]
  • シーメンス、「デジタルヘルス」を冠したサービス ニュース シーメンス、「デジタルヘルス」を冠したサービス 遠隔画像診断や健康管理を支援  ドイツSiemens Healthcare社日本法人のシーメンスヘルスケアは2017年4月11日、東京都内で事業戦略説明会を開催した。代表取締役社長兼CEOの森秀顕氏などが登壇し、事業戦略や今春の新製品・サービスについて説明した。 [2017年04月13日]
  • カシオ、秘伝のデジカメ技術を「皮膚がん診断」へ 特集・解説 デジタルヘルス事例 カシオ、秘伝のデジカメ技術を「皮膚がん診断」へ  スマートフォンの普及に伴い、需要の急減に直面するデジタルカメラ。メーカーは、得意とする技術を他分野に展開する取り組みを急ぐ。 [2017年04月12日]
  • 病院と同等の機能を持つ街をつくる インタビュー 病院と同等の機能を持つ街をつくる 高齢社会街づくり研究所 代表取締役社長 岩尾聡士氏に聞く 病院から退院したものの、医療依存度が高く介護施設にも入れない要介護高齢者の“退院先”の確保は、喫緊の課題といえる。こうした中で、「IWAOモデル」と銘打つ地域全体で高齢者を看守る構想を打ち出し、実践しているのが、医師で名古屋大学 大学院経済学研究科 CBMヘルスケアイノベーション寄付講座 特任教授でもある高齢社会街づくり研究所 代表取締役社長の岩尾聡士氏だ。同氏に取り組みの狙いを聞いた。 [2017年04月11日]
  • 耳鼻咽喉科で初の薬事認証ソフト、発売 ニュース 耳鼻咽喉科で初の薬事認証ソフト、発売 めまい診断に向ける第一医科の「yVOG」 2014年末に施行された「医薬品医療機器等法(薬機法)」で医療機器として認められるようになった単体ソフトウエア(プログラム医療機器)。耳鼻咽喉科領域で初めてその認証を取得したソフトウエアが登場を、第一医科(東京都文京区)が2017年7月をめどに発売する。眼球運動検査装置用プログラム「yVOG(ワイボーグ)」だ。 [2017年04月05日]
  • に〜よん医療ネット、既存の病診連携システムの機能を拡張 特集・解説 在宅医療・介護連携はここまで進んだ に〜よん医療ネット、既存の病診連携システムの機能を拡張 【事例3】大阪市西淀川区医師会 大阪市の西淀川区医師会は、市の医療・介護連携相談支援事業と府の在宅医療推進事業として、区のマスコットキャラクターの名前を冠した「に〜よん地域包括ケアシステム委員会」を2016年に立ち上げ、在宅医療・介護連携に取り組んでいる。この連携を支える仕組みが、2014年度の地域医療介護総合確保基金を活用して整備された「に〜よん医療ネット」だ。タブレット端末のiPadを用いた多職種による情報共有を実現している... [2017年04月05日]
  • パナソニック ヘルスケアが社名変更、「PHC」に ニュース パナソニック ヘルスケアが社名変更、「PHC」に 2018年4月、社名から「パナソニック」消える パナソニック ヘルスケアホールディングスとパナソニック ヘルスケアは2018年4月、社名を「PHCホールディングス」および「PHC」に変更する。 [2017年04月05日]

お薦めトピック

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング